オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

3DCADにも弱点はある

AutoCAD(オートキャド)を覚えようと考えた際に、比較対象となりそうな3DCADについて前回は少し考えてみました。
覚える対象としてAutoCAD(オートキャド)と3DCADのどちらが良いのか、というのは覚える側にとっては結構重要な問題です。

もう少しはっきりと書くと「3DCADを覚えた方が将来性があるんじゃないか」という考えがある中で、それが実際にどうなのかという話ですが…
それを知る為にも、まずは3DCADにどのようなメリットがあって、どのようなデメリットがあるのかを掴んでおく必要があります。

そんな理由で前回は3DCADのメリットというか強みについて考えてみましたが、やはり立体的になるというのは分かりやすくて良いですよね。
高さ方向の情報があるという事で、イメージが掴みやすいかどうか、という点については、以下の図面を比較してみるとよく分かります。

2次元CADと3次元CADの違い

平面図だけでは一瞬どのような形状なのかが掴みにくく、立面図とセットにしてようやく(大げさですが)形状が分かる事になります。
しかしCADの中で立体的になっていれば、すぐにその形状が掴めるというのは非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

確かに情報量が多いと言うことは非常に大きなメリットなので、近い将来には全てのCADが3DCDAに取って替わってしまう可能性も考えられます。
ただ、今現在色々な3DCADが発売されていますが、AutoCAD(オートキャド)もそのまま普通に使われているという現実があります。

これが何を意味しているのかを考える為には、AutoCAD(オートキャド)と3DCADの考え方の違いを知っておく必要があります。

建物の図面を例に考えてみると…
AutoCAD(オートキャド)では作図する図面の種類、例えば平面図を作図することを決めて、その情報を平面情報としてCADの空間上で表現していきます。

二次元図面

しかし3DCADの場合、まずは建物全体の3D情報を構築していくところからスタートして、図面はその3D情報を抜き出して作成することになります。
平面図であれば建物を平面的に切断して見える部分を抜き出して、そこに必要な寸法や文字などを盛り込んでくという感じです。

この考え方の違いは結構大きくて、当然と言うべきか、図面を作図していく為のアプローチも大きく違ってくる事になります。
3DCADでは最初に図面を作図するのではなく、まず3次元情報を作り込んだ後でそれを切断して図面化していく、というような流れになる訳です。

これが非常に大きな手間になる、という問題が3DCADにはあるんです。

図面を作図する為にまずは建物全体の3D情報を入れ込んでいく必要があると考えるのか…
あるいは3D情報を入れ込んだデータを利用して図面も作成する事が出来る、という考え方をするのかによって、受け取るイメージはかなり変わってきます。
しかしいずれにしても手間がかかってしまう事に変わりはありません。

だからと言って、図面を作図する部分だけの3D情報を入力するというのは本末転倒で、そんな事をしたら3DCADのメリットが全然出ません。
やはり3D情報は全体を造る事に価値がある訳で、図面の為に中途半端な3Dを造るくらいならば、AutoCAD(オートキャド)を使った方が良いという事になります。

と言うことで…

3DCADには非常に大きなメリットがある事は確かなのですが、それに伴い手間がかなり増えてしまうというデメリットも存在します。
そのあたりを総合的に考えていくと、図面を作図する際に全部3DCADを使うという選択肢は、今のところは難しいという結論になります。

さらに将来の事は分かりませんが、AutoCAD(オートキャド)が3DCADに負けて全くなくなってしまうような事はないと思います。
これから覚える方も安心して覚えて頂いて大丈夫です。

関連記事

  1. ボール式マウス
  2. 高級筆記用具
  3. 選択肢の多さ
  4. 4画面
  5. 建築関連
  6. サイドボタンのあるマウス