オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

CADを使って仕事をする環境

前回のカテゴリではCADのスクールについて色々と考えてみて、効率良く覚える事を意識するという名目で結構色々な無駄話もしてしまいました。
どのように覚えるのかは人それぞれで全然良いのですが、傾向としてはやはり「期限を切って」「短期集中で」「目的意識を持って」覚えるという感じになると思います。

そんなに紙に書いたように理想的には進まないとは思いますが、そこを目指す事にはやはり大きな効果があるので、ぜひ試してみる事をお勧めします。
このカテゴリでは、こうしてCADを覚えるていくにあたって役に立ちそうな、CADに関する周辺環境について色々と取り上げていこうと考えています。

パソコンまわりの環境

CADを実際に仕事で使う際には、当然パソコンとCADのソフトが必要になってくる訳ですが、ただパソコンとCADがあれば良い訳ではありません。
出来るだけ効率良く仕事が出来るような環境というのは確実にあるので、ある程度はそうした環境を整えていく必要があります。

なんだか「形から入る」みたいな感じになっていますが、形式を整える事には一定の効果がありますから、そこを無視する訳にはいきません。
一定の効果があってなおかつ手軽に実行できるものであれば、積極的に実行していった方が仕事の効率が上がるので絶対に良いはず。

当サイトではこうした考え方をしていますので、そのあたりの具体的な考え方を色々と説明していこうかと思っています。
もちろん全部に賛成する事は出来なくて、少しだけしか参考になる情報がなかったとしても、それで少しでも仕事の効率が上がれば充分です。

CADを使って仕事をする環境を整えるという考え方は、今の環境を少しでも快適になるように整えるという事を意味しています。
そうすることによって少しでも仕事の効率を高めていき、作図の速度や正確さを高めていく、というような考え方をしていく訳です。

こうした細かい環境についての話をしていくと、そんな細かい部分を気にしても仕方がないのではないか、という意見がでるかも知れませんが…
そこで少し考えておきたいのが、そもそもCADの為に環境を整える前の状態が、どのように作られたのかという話です。

CADの為に細かく環境を整える事は無駄というか細かすぎる。

もし本当にそう思うのであれば、今の環境がベストであると言えないとダメだと思います。
しかしそのベストの環境がどのような経緯で作られたのかを考えていくと、それほど厳密に考えられたものではない事が分かるはず。

これは人によって様々だとは思いますが、大抵の場合はパソコンを購入して設置した時の環境をそのまま使っている、という感じだと思います。
それがCADを効率良く使っていく為のベストな環境であるはずがありません。

仕事でCADを使っていく事を考えているのであれば、かなりの長時間パソコンを操作していく事を覚悟しなければなりません。
これはもう仕事の種類として仕方がない事で、バスの運転手さんが長時間バスに乗ることを覚悟するのと同じような話ですよね。

そうした環境で結構長い時間を過ごすことになる訳ですから、少しでも快適な環境の方が良いに決まっています。
長時間の作業になる訳ですから、少しの違いが大きな差を生むことになるという考え方は、今後何度も当サイトで出てくる話になるので、覚えておいて頂けると嬉しいです。

先ほどの例で言えば、バスの運転手さんが長時間シートに座って運転する際に、腰の負担を減らすためのクッションを利用する事と同じです。
そこにシートがあって座れるなら何でも良い、とはならないと思いますが、同じような話がCADとパソコンの環境にも言えるんです。

と言うことで、このカテゴリではCADに関する話と、その周辺環境についての話を細かくしていきますので、興味のある方はぜひ一通り読んでみてください。

関連記事

  1. 建築関連
  2. 二次元図面
  3. 改善の積み重ね
  4. AutoCAD
  5. 図面
  6. イケメン付箋