オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

マウスの選定方法について

AutoCAD(オートキャド)を使った図面を作図していく際に、どのようなスタイルで操作していくのかを考えてみると…

・利き手にマウスを持ってカーソルなどを操作

・反対側の手でキーボード入力を行う

人によってスタイルは様々ではありますが、一般的には上記のようなスタイルで操作を進めていくのではないかと思います。
少なくとも私はこうしたやり方でAutoCAD(オートキャド)を操作していて、特に大きな不便を感じることはありません。

もっと快適なスタイルがもしかしたらあるのかも知れませんが、手が二本しかない状態ではそれほど選択肢も多くはないので、このやり方でも良いかと思っています。
ちなみに、ピアノを弾く時のように、足で踏むペダルを使うやり方に可能性を少し感じていますが、周囲の目が気になって導入出来ていません…

隣の席で仕事をしている人が、ある日突然ペダルを鞄から取り出してセッティングを始め、足を使った操作を始めたとしたら、ちょっとビックリしますよね。
人の視線など気にしない! と断言出来るほど私はメンタルが強くないので、どうしても気持ち的に前向きな検討が出来ない状態です。

と、少し話がそれてしまいましたが…

AutoCAD(オートキャド)を操作する際にカーソルを移動させる役目を持っているマウスは、非常に重要な道具という事になります。
今回はそうした仕事で利用するマウスとして、どのような製品を使っていけば良いのか、というあたりについて考えてみる事にします。

まず非常に大事な点として、自分の手になじむサイズのマウスである必要があります。

どんなに高性能で機能がたくさんあったとしても、小さすぎて使いにくいとか、あるいは逆に大きすぎて手が疲れるようでは効率は上がりません。
掌の大きさは人によって色々なので、それぞれ自分に合ったマウスのサイズというのは違ってくるはずで、まずはそうしたサイズをしっかりと選ぶ事をお勧めします。

こうした前提条件を満たした後で考えるのが、どのような追加機能を持っているのか、というあたりの性能的な部分です。
ここで注目したいのが「追加ボタンがどのくらい用意されているか」という点。

移動距離を検知するとかクリックをするなどの基本的な動作については、今は恐らくどのマウスでもそれほど大きくは変わりません。
もちろん性能が高いマウスだと安定はしますが、安いマウスでも仕事にならないレベルになる事はありませんから、そういった意味ではあまりここでは差がつきません。

しかし追加ボタンがあるかどうかという点については、マウスによって追加ボタンが全くない状態だったり、逆にたくさん用意されていたりと様々です。
通常のマウスがこんな感じのタイプで…

一般的なマウス

ボタンが多いタイプのマウスは色々ありますが、大体親指で押すような感じの位置に配置されていることが多いです。

サイドボタンのあるマウス

AutoCAD(オートキャド)を操作するのであれば、ある程度追加ボタンがついているマウスを選択することを当サイトではお勧めします。
これによって若干マウスの値段が上がったとしても、それでも追加ボタンには大きな価値があるので、値段よりもここは効率を取りましょう。

具体的な使い方はカスタマイズの項目で詳しく説明をしていきますが、追加ボタンごとに簡単にコマンドを割り振る事が出来るんです。
アイコンをクリックしたり、ショートカットキーを押すのではなく、単純にマウスの追加ボタンを押すだけでコマンドが開始できる。

これは非常に便利な機能になるので、マウスに関してはある程度値段が高くても、追加ボタンのあるタイプを選定することをお勧めします。
追加ボタンがあるのかないのかによって、業務の効率は間違いなく差がついてきますから。

関連記事

  1. 様々な種類
  2. 建築系図面の例
  3. 求人の多さがメリットのひとつ
  4. 2次元CADと3次元CADの違い
  5. 4画面
  6. 二次元図面