オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

出来るだけ良い環境を目指す

前回は少し私の主観が多く入ってしまいましたが、仕事で使う道具について、どこまで高級な商品が必要なのかを考えてみました。
結論としてはそこまで高級な商品は必要ないという事になりましたが、ある程度の価格までの商品であれば、性能を考えると高い方が良い事は確かです。

もちろん一概に言えるような話ではありますが、値段の制限をあまり考えないと、性能が良くて見た目も良い気に入った商品が選べるという話です。
仕事は基本的にかなり長時間続けるものですから、その際に使う道具はある程度手になじんだモノの方が良いのは間違いありません。

一定の価格以上になると方向性が性能から少し逸れてしまうので、そのあたりを見極めた上で、自分の手になじむ道具を選ぶことをお勧めします。
こうした道具とか業務をしている環境などは、意外に以下のような考え方をしている傾向にあるので、それを少し考え直してみるのも良いと思います。

・今まで使っていた道具だからそのまま使っている

・ずっとこの環境で仕事をしてきたから同じやり方で仕事を続ける

要するに、ある程度仕事を始めた時に選んだやり方に対して、あまり深く考えないで継続をしてしまいがちという話です。
最初に選んだやり方が、それほど深く考えて決めたものでもないにも関わらず、最初に選んだやり方というのは結構強いものなんです。

これを「まてよ…」となって少し考え直すというのは、確かにかなり面倒で手間がかかる事ではあるのですが、効果がある場合も多かったりします。
最初に選んだ際にあまり考えていなければいないほど、やり方を見直した時の効果は大きくなっていく事になる、という理屈は分かるけど…

人は基本的に変化を嫌うという修正があるので、今までやってきたやり方を見直す、などの行為をあまり好まない傾向にあります。
だって面倒くさいですからね。

でも、面倒だけど頑張って見直してみると、今まで結構効率の悪いやり方を選んでいたんだな、と思う場合も多いんです。
仕事に慣れてくればくるほど、ある程度効率が良くないやり方だったとしても、仕事に慣れているから全然問題なくこなしていく事が出来るんです。

だから特に今のやり方を変える必要はない、という考え方も成立する訳ですが…
現実として常に改善点というのは存在するもので、そうしたやり方を少しずつ継続して改善いくことが出来れば、その積み重ねはかなり大きなものになっていきます。

改善の積み重ね

まあちょっと細かすぎる話かも知れませんが、仕事をしていく以上は出来るだけ無駄をなくしていった方が、早く仕事を終える事が出来るのは間違いありません。
そうなると早く帰宅することが出来る確率が上がり、自分の時間が多くなることにもつながっていく、という事になります。

長時間仕事を続ける事をよしとする企業に勤めているのであれば、こうした無駄をなくす努力というのは全然報われないですが…
もしそうした悪い環境にいる訳ではないのなら、定期的に自分のやり方を見直すという習慣を付けておくことをお勧めします。

一度改善したと思っても、しばらくするとまた無駄だと思えることに遭遇してしまう、というのは仕事では普通にあることです。
そしてそれを改善したと思ったら、また別の種類の無駄とか問題点などが出てきて…という感じで、実際にはキリがないという現実もありますが…

そうした改善が無駄になることはなくて、改善すればするほどに自分の仕事スピードは高まっていく事になるはず。
AutoCAD(オートキャド)プロであればm、やはりそうした常に良くなっていくという状況を狙いたいものです。

関連記事

  1. パソコンまわりの環境
  2. AutoCAD
  3. 建築関連
  4. 高級筆記用具
  5. 4画面
  6. 選択肢の多さ