オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ディスプレイのサイズについて

AutoCAD(オートキャド)を使って仕事をする環境と言うことで、前回はかなりシンプルにではありますが、パソコンまわりの環境について考えてみました。
どのような図面を作図するのかによって少し話が変わってくるのですが、色々な資料や図面を拡げることが多いので、袖机があった方が便利です。

という、割と当たり前の話を取り上げましたが、こうした部分で意外性のあることを考える必要はなく、当たり前の事を確実に実行した方が良いです。
長期間仕事をする事になる訳ですから、少しでもスムーズな状態というか、無駄がない状態を作れるかどうかがポイントになってきます。

ちょっと極端な例で話をしてみると…

自分の家でお風呂に入る為には、お風呂の入り口前に置いてあるダンボールの荷物をどかさないといけない、という状況を考えてみてください。
お風呂に入る前に荷物をどかして、お風呂から出たらまたその荷物をお風呂の前に戻す、という事を毎日繰り返す必要があるとしたら…

これは言うまでもありませんが、非常に面倒くさい状態ですよね。
お風呂に入るのは1年に1回であれば、その都度荷物をどかせば良いと思ってしまいますけど、毎日こうした作業を繰り返すのは無駄でしかありません。

それならば、押し入れの中を整理してそこにダンボールを入れてしまった方が、最初は大変ですが長い目で見れば効率が良いという事になります。
ちょっと強引な感じもしますが、オートキャド(AutoCAD)を使う環境を整える事も、これと同じような考え方が出来る訳です。

最初に少し時間と労力をかけてでもスムーズに仕事が出来る環境を整えてしまう方が、長い目で見れば効率が良いんです。
人間はどのような環境にも慣れてしまうという能力を持っているので、最初に少し不便な環境で始めてしまっても、その不便な環境に慣れてしまう。

この「慣れ」はあまり良い方向のものではないのですが、多少の不便であれば「まあ良いか」という感じでどうしても慣れてしまいがち。
なので、出来ればオートキャド(AutoCAD)を設定する際には、最初に作業環境にこだわっておいた方が良いと私は思っています。

さて、少し話が逸れましたが、オートキャド(AutoCAD)を操作する際にディスプレイをどうするか、という事をここでは考えてみましょう。
まずは当たり前の話として、ディスプレイに表示される内容は多い方が良いので、ディスプレイは大きい方が有利だという話があります。

だから最大サイズのディスプレイを選択すれば良い、という話もひとつの選択肢としてもちろんあるのですが…
コストを意識する事も重要なので、かかるコストと得られるメリットのバランスを考えていく必要があります。

そうすると、ディスプレイのサイズは24インチ~27インチ程度の一般的な製品を選択すれば大きな問題はない、という結論になります。
ラインナップを見ていくと、もっと大きなサイズも選択は出来るのですが、かかるコストは大きくなる反面、作業性のアップはそこまで大きくはありません。

そうしたバランスを考えると、一般的なサイズで価格も安価な24インチでも充分仕事は出来るという結論になる訳です。
メーカーにもよりますが、恐らく2万円を切るくらいの値段で購入出来るはずで、スペックとしてはそれで充分だと思います。

解像度が高いタイプなどはかなり高額になりますが、オートキャド(AutoCAD)を使う事だけを考えると、そこまでのスペックは恐らく必要ありません。
また、かなり安価な製品であれば、2個購入して2画面でオートキャド(AutoCAD)を使うという選択肢もかなり手軽に実現が出来ます。

4画面

これはディスプレイ4個で、オートキャド(AutoCAD)を使うには少し過剰な感じもありますが…

ハイスペックで高価なディスプレイを1個購入するのであれば、標準的なスペックのディスプレイを2個購入した方が、作業効率は高くなるかも知れません。
もちろんこのあたりの話は個人の好みによって大きく変わりますけど、選択肢のひとつとしてディスプレイ2個はかなり現実的なのではないかと思います。

関連記事

  1. サイドボタンのあるマウス
  2. パソコンまわりの環境
  3. 求人の多さがメリットのひとつ
  4. 2次元CADと3次元CADの違い
  5. 選択肢の多さ
  6. 二次元図面