オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

業種によって使用CADは変わる

前回はCADの種類が色々とたくさんある中で、AutoCAD(オートキャド)について解説をしていく理由を簡単に取り上げました。
ある程度普及しているCADだという事と、私自身が操作についての深い知識を持っているという事の二点が大きな理由でした。

自分が使いこなせていないCADについて解説するというのは、書籍を何冊か読む事によって可能になるとは思いますが…
それでは説明している私自身が面白くないですし、受け売りを書いているだけになるので全然勉強にならないという問題もあります。

なので、結論としてはAutoCAD(オートキャド)についての解説をしていく事で、私が持っている知識も何となく整理出来ればと考えています。
相手に分かりやすく説明をするというのは、実際にやってみるとよく分かるのですが、説明する側にとって非常に勉強になるものです。

仕事でもこうした機会はありますが、あまり自分の意見を押しつけるのもちょっと…という気持ちがあるのでぐいぐい説明しにくいんです。
というような個人的な理由もあったりはしますが、それによって説明の内容や価値が下がる訳でもないので、そこはあまり心配しなくても大丈夫です。

こうしてAutoCAD(オートキャド)について解説する理由というのは、実際のところ読んで頂く方にとってはあまり関係のない話なのですが…
少なくともAutoCAD(オートキャド)に関する解説は間違いないので安心して欲しい、という事を伝えておきたいと考えました。

ただし、CADは図面を作図するツールになりますが、どんな図面を作図するのかによって採用されるCADの種類は大きく変わってくる事になります。
これからどんな種類の図面を作図するのかによっては、当サイトで扱う予定のAutoCAD(オートキャド)についての知識は全然役に立たない可能性も。

建築系図面の例

例えば建築関連の図面を作図する場合には、前回も少し取り上げましたが、JW_CADかAutoCAD(オートキャド)が主流になっています。
しかし例えば設備関連の図面を作図したいと考えている場合には、t-fasと呼ばれるCADが大きなシェアを占めているので、そちらを覚えた方が良いです。

このように、業種の違いによって採用されるCADの種類が違ってくるという話は、まずどんなCADについて勉強するのかを考える際に、非常に重要な判断材料となります。
設備関係の図面に興味がある場合には、頑張ってAutoCAD(オートキャド)を覚えてもあまりメリットがないという残念な事になってしまいます。

こうしたミスマッチをなくす為にも、まずは自分がどのような業種の図面を作図してみたいのか、というあたりを明確にしておく必要があります。

とは言っても、自分がどんな図面を作図したいのかという明確な希望は特にない、というパターンが一番多いとは思います。
図面を作図する仕事に就いていない場合には、どんな種類の図面があるのかも今ひとつピンと来ないというのが正直なところですから。

その場合はどうすれば良いか、という話ですが、特に希望がない場合には、無難にAutoCAD(オートキャド)を覚えてしまうのもひとつの手だと思います。
特に今現在は要望がないという事は、つまり今は特にこだわりがないと言うことですから、需要が多いCADを覚えてしまうという選択肢がベターです。

何か特殊な図面に特化したCADを覚える事も悪くはありません。

そうなると、一度覚えてしまえばそれ自体が非常に貴重になるというメリットもありますが、求人自体の数が少ないというデメリットもある訳です。
逆にAutoCAD(オートキャド)であれば、求人の数が比較的多いというメリットがあって、ライバルが多いというデメリットがある訳です。

どちらも選択肢としては充分にアリですから、あとは覚える本人の決断という事ですね。

関連記事

  1. 求人の多さがメリットのひとつ
  2. 選択肢の多さ
  3. イケメン付箋
  4. 2次元CADと3次元CADの違い
  5. 4画面
  6. 様々な種類