オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

3DCADについて考える

AutoCAD(オートキャド)を使って仕事を効率良く進める為に、マウスをどのように使いこなしていくのか。
そのあたりの話を前回は色々と考えてみました。

効率の良いやり方というのは実際にはひとつではないので、当然「これが絶対の正解」とか「このやり方を選択するべき」というようなものは正直ありません。
ただ、絶対の正解はないけれど、自分に合ったやり方がどこにあるのか? という事を考えて試行錯誤することには大きな意味があります。

そうした検討や試行錯誤をすること自体でもう正解にたどり着いている、という事なのでしょう。
とは言ってもそこで完成というのはないので、仕事を続ける以上は常に改善を考えていく事が求められるのだと思います。

なので、最初にこのやり方をしていたからそのままずっと同じやり方を選択する、という考え方を出来るだけ排除していく事が求められます。
これは実際にやってみると、簡単そうでかなり面倒で難しいという事が分かります。
面倒で難しいから皆がやっている訳ではなく、だからこそ価値が出てくるという感じです。

こうした改善はどのような仕事でも同じはずなので、常に改善を心がけていると色々な部分で上手くいくようになります。
「上手くいくようになる」というのはちょっと漠然とした表現になってしまいますが…

昨日の自分よりも今日の自分が、今日の自分よりも明日の自分が、という考え方で常に成長していく事が出来れば、1年後には大きな差がついているはず。
そうすれば仕事も確実に上手くこなせるようになり、そうなると仕事も面白くなってくる。
経験を積むというのはこういう事を指すのでしょう。

さて、少し前置きが長くなりすぎてしまいましたが、今回はAutoCAD(オートキャド)よりも少し進んだ3DCADについて少し考えてみることにします。
具体的には、AutoCAD(オートキャド)ではなく3DCADを覚えた方が良いのではないか、というあたりの結構重要な部分について真面目に考えてみます。

AutoCAD(オートキャド)で作図する図面は、基本的にほとんどの図面が2D(2次元)情報になっています。
平面図であればヨコ×タテという考え方で構成される事になります。

それに対して3DCADで作成するのは、当たり前の話ではありますが3D(3次元)情報を持っている状態になるので、そこが大きな違いだと言えます。
2次元情報に対してもう1方向「高さ」の概念が追加される訳です。

2次元の図面と3次元の図面のイメージがどの程度違うのかというと、こんな違いがあります。

2次元CADと3次元CADの違い

3DCADのメリットは言うまでもありませんが、立体的になることで圧倒的なリアリティが出るという部分にあります。
これはAutoCAD(オートキャド)にはない非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

リアリティが出るというメリットは、もちろん見た目だけの話ではありません。
実際にデータ上で同じ大きさのものが造られることになるので、ボリュームをかなりの正確さで拾うことが出来るという事も意味しています。
これも非常に大きなメリットになります。

リアルに作成されることによってイメージがつかみやすくなり、それに伴って数量もきちんと把握できるようになる。
こうしたメリットを3DCADは持っていて、今現在も色々な分野で活用されている状態です。

そんなにも大きなメリットがあるのであれば、今後は全ての図面を3DCADで作図するようになるのではないか。
そんな意見も出ると思います。

そのあたりをどう考えるかによっては、AutoCAD(オートキャド)を覚えても無駄になる可能性もあるので、次回にそこはしっかりと考えてみることにしましょう。

関連記事

  1. 4画面
  2. 高級筆記用具
  3. 図面
  4. 求人の多さがメリットのひとつ
  5. 建築関連
  6. AutoCAD