オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

マウスをどちらの手で使うか

前回はAutoCAD(オートキャド)を操作する際に使うマウスについて、どのような性能が必要になるのかを考えてみました。
追加ボタンの便利さは一度使ってみると痛感するはずですので、多少値段が高いマウスであっても良いので、高性能マウスを選定することをお勧めします。

これは恐らくボールから光学式になった為だと思いますが、昔に比べてマウスが壊れる確率は結構低くなったという実感があります。
昔はボールの廻りに埃だかなんだかよく分からないものが付着していき、次第にカーソルがワープするような動きになって使えなくなったものですが…

ボール式マウス

さすがにこれはちょっと話が古いですね。
今はそんな残念なことにはならないので大丈夫です。

ある程度高額のマウスを買ったとしても、長期間仕事で使う事が出来るので、長い目で見れば充分にペイ出来るのではないかと思います。
仕事で使う道具に対して「元を取る」という感覚はちょっと寂しい気もしますが、仕事をしていく中でコストを考えない事も良くないので、こうした感覚はあっても良いと思います。

ちなみにマウスについてもう少し書いてみると、マウスを操作する手を利き腕ではない方の手にするという選択肢も少しだけあります。
これは右利きの方だけに言えることで、左利きの方にはあまりメリットがないスタイルではありますが、ここで少しだけ紹介してみます。

右利きの方で時々見かけるやり方として、あえて左手でマウスを操作して、右手でキーボード入力をするというスタイルも選択肢のひとつとしてあります。
このスタイルのメリットはいくつあって、考えられるのは以下のようなメリットです。

・テンキーが近いので押しやすくて早い

・マウスを操作しながら利き手で文字を書くことが出来る

・マウスを操作しながら利き手で電卓を操作すること出来る

これらは実際に仕事でAutoCAD(オートキャド)を使ってみると、よくあるシーンだという事が分かります。
こうした操作を利き手でスムーズに出来るというのは結構な強みになるものです。

文字を書くとか電卓を操作するなどは、別に利き手ではなくても可能ではありますが、さすがに利き手ではない方の手で文字を書くのは厳しいものがあります。
そう考えると、利き手は色々動かす為に開けておくというやり方は、理にかなっているという事も言えるのではないかと思います。

これは非常に便利なので、一度は挑戦してみて欲しいです。
ただ、人によっては利き手ではない方の手でマウスを操作する事が非常に難しく感じる事があるので、あまり無理矢理お勧めすることは出来ませんが…

こうして紹介している私自身も、何度か左手でのマウス操作に挑戦してみたのですが、何度やっても上手く出来なくて毎回挫折しています。
友人にこうしたスタイルでAutoCAD(オートキャド)を操作している人がいるので聞いてみると、何日か続けているうちに慣れたとのこと。

それを聞いて私も3日くらいまで我慢しながら左手でマウスを操作し続けたのですが、どう考えたも慣れてくる気配がないので結局右手に戻しています。
この差がどこからくるのかは分かりませんが、ある程度簡単にできる人と、苦労してもあまり出来るようにならない人がいるようです。

私にはちょっと左手を上手く使っていく才能がないのかも知れませんが…
足りない部分を埋めようと頑張るよりも、このくらいの話であれば、残念ですが左手でマウスを使うことをあきらめる方が現実的だと思います。

そう割り切ってしまえば、右手でマウスを使う事を前提にして、その中で効率の良い操作をどうするかを考えていく事が出来ます。
仕事を進めていく事を考えれば、それで充分に合格点を取ることが出来るはずですから。

関連記事

  1. 改善の積み重ね
  2. 高級筆記用具
  3. イケメン付箋
  4. 4画面
  5. 図面
  6. 二次元図面