オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

仕事で成果を出すために

AutoCAD(オートキャド)の操作を覚える為に、スクールという選択をするかどうか、というテーマがこのカテゴリにはありますが…
少し話が逸れてしまい気味ですし、スクールについてのスタンスはもう書いてしまったので、そろそろ次の話に進んでいこうと思います。

話が逸れたついでという訳ではありませんが、前回紹介したAutoCAD(オートキャド)の操作に詳しい方についてもう少し。
その方は私よりもAutoCAD(オートキャド)の経験がありましたが、結局目的が色々な機能を自分の知識にすることで、仕事を効率良く進める事ではありませんでした。

だから当然の結果として、仕事では私の方が立場が上になりました。

それほど規模が大きくない企業で立場が上になっても、それほど大きなメリットはないというのが正直なところではありますが…
そうした少し方向性が違っている方に対して遠慮しなくても良くなった、という意味では私にとって少しは意味のあることでした。

仕事で効率良くAutoCAD(オートキャド)を使う事を最優先で考えていた私の方が、仕事で結果が出るのは当たり前の事です。
それは別に私の方が優れた能力を持っているとか、そう言った事ではなく、ただ仕事の方向性にマッチしていたというだけの話です。

なので、AutoCAD(オートキャド)の機能を仕事中に調べている方を、私が見下しているとかそういった話ではありません。
私の方が立場が上になったからスッキリしたとか、そう言った小さなコミュニティ内での優劣を付ける種類の寂しい話でもありません。

その方は仕事としては困る事も多かったのですが、確かに様々な機能を知識として持っていて、マクロについても詳しかったので助かることも多かったんです。
このあたりが仕事の面白いところというか、上手く言えないのですが、短所と長所を持っている人の面白みというか…

「こんな感じの機能があると嬉しいんですけど…」とお願いすると、要望にほぼ近い形の機能をつくってくれたりもして、私としては非常に助かりました。
そうした方面では、少なくとも私はその方に全く及ばないので、色々と教えてもらうことが多くて本当にありがたかったという記憶があります。

恐らくその方はそうした仕事が好きだったのだと思います。
結局その方はAutoCAD(オートキャド)を使う仕事ではなく、プログラムを組む仕事に移っていく事になりました。

私は引き続きAutoCAD(オートキャド)を効率良く使っていくことをテーマにして、しばらくこの仕事を続けることになりました。
でも、効率を求めることを最優先していて当時の私は恐らく、それが出来てない方の気持ちが全然分かっていなかったと、今ではそう思います。

仕事はチームでやるもの

在宅勤務をする場合は少し違うかも知れませんが、会社で仕事をすると言うことはチームで仕事をすると言うことを意味しています。
そんなチームの中に、人の事にはそれほど興味がなくて、自分のスキルと高める事と作業効率を高める事だけを考えている私がいる、という状況だったんですよね。

まあなかなか上手いこと仕事は進まないものです。
今ならもう少し上手くやれるとは思いますが、年齢と経験を積み重ねている訳ですから、そんな事は当たり前なんですよね。

「当時は若かった」という一言で終わらせたいところですが、なかなか貴重な経験を色々とさせて頂いたと言うしかありません。
もしかしたら、少し仕事の巾を拡げた今でも同じような状況なのかも知れませんが、当時の経験を忘れないようにしなければ、という話でした。

結局自分の事ばかり書いてしまい、あまり参考にならなかったかも知れませんが…
とにかく、AutoCAD(オートキャド)は仕事で使う為のツールですから、覚えるのであれば最終的には仕事で使うことを意識しておくことをお勧めします。

関連記事

  1. 書籍
  2. 資格の勉強
  3. 受験勉強
  4. 選択肢は色々
  5. 積み重ねの時間
  6. コスト