オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

スクール紹介

AutoCAD(オートキャド)の操作を覚えるやり方として、自宅で独学という選択肢をとった場合、どのような事に気をつけておけば良いか。
そのあたりについて前回は少し考えてみました。

結局は自宅で勉強をしてもスクールで勉強をしても、継続して勉強することが重要だという話になってしまいました。
これは何をやる場合でも同じ事が言えるのですが、一定のペースで何かを継続する事には大きな力がある、という事なんですよね。

継続して積み重ねていく事は時間がかかります。

積み重ねの時間

しかし時間がかかる分だけ、短期間だけ頑張る人には真似できないので、一気に逆転されるような事がないというメリットがあるんです。
もちろん時間をかけて勉強することが目的ではなく、興味を持って毎日続けていくという事に価値があるので、そこは間違えないようにしないといけませんが。

継続してAutoCAD(オートキャド)の勉強を進める為にスクールを活用するという選択をした場合、具体的にはどのようなスクールが選択肢としてあるのか。
今回はそのあたりについて、実際にどんなスクールがあるのか、という話も含めて色々紹介をしていきたいと思います。

基本的にスクールというのはパソコンを用意したり講師を雇ったりするので、ある程度規模が大きい企業が運営している場合が多いです。
個人的にAutoCAD(オートキャド)を教えます、という方がもしかしたらいらっしゃるかも知れませんが、個人でやると結局教える人は本人だけみたいな事になってしまいます。

それでは継続して勉強をしていく事が難しいので、やはりある程度規模が大きな企業で探していくのが良いのではないかと思います。
と言うことで、まずはアビバ(AVIVA)から調べていきましょう。

□アビバ(AVIVA)

パソコン教室というとアビバを想像する方も多いのではないか、というくらい有名で、テレビのCMなどでもよく見かけるくらいのスクールです。
AutoCAD(オートキャド)以外にも様々な講座が用意されていて、調べていくと色々な事が勉強できるという事が分かります。

【リンク】

自分が知らない事を勉強できる、という選択肢がたくさんあるというのは結構わくわくするもので、何か新しいことを始めたくなってしまいます。
受講者に為に様々なフォローが用意されているので、脱落する事なくAutoCAD(オートキャド)を覚えるには最適ではないかと思います。

調べていくと、多少システマティックな雰囲気も感じたりしますが、たくさんの生徒さんを教えていくにはそうせざるを得ないのでしょう。
当然システマティックに進めることが悪いという訳ではなく、効率を突き詰めていくとそうなるという事なので、むしろ良い部分ではないかと思います。

□ヒューマンアカデミー

こちらもAutoCAD(オートキャド)のスクールでは非常に有名な企業で、非常に豊富な講座の数々が魅力になっています。
AutoCAD(オートキャド)だけではなく、3DCADのスクールもあるので、興味がある方は調べてみることをお勧めします。

【リンク】

近い将来CADはみな3Dが標準になる可能性は結構高めです。
その場合は先に覚えている方が圧倒的に有利なので、スクールに通って覚えてしまうと大きなアドバンテージになるのではないかと思います。

もちろんAutoCAD(オートキャド)の講座もあるし、建築製図や機械製図など、特定の分野に特化した講座も用意されています。
CADの知識だけではなく、図面の専門知識も覚えていきたいと考える高い向上心を持っている方であれば、そちらの講座を調べてみると良いかも知れません。

関連記事

  1. CADの勉強
  2. 仕事はチームでやるもの
  3. 独学での挫折
  4. スクールの比較チェック
  5. 選択肢は色々
  6. 書籍