• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

スクールに通うべきかどうか

AutoCAD(オートキャド)を仕事で使えるレベルまでスキルアップする為に、スクールを利用した方が良いのか。
あまり明確な結論が出ない可能性もありますが、このカテゴリではスクールについて色々と考えていこうと思っています。

独学でAutoCAD(オートキャド)を勉強することも不可能ではない中で、スクールを選択するメリットは本当にあるのか、とか。
通うためにはどの程度の期間やコストがかかってくるのか、とか。
そのあたりの話について色々と調べつつ話を進めていこうと思います。

まずはAutoCAD(オートキャド)を覚える為のルートをもう一度おさらいしてみると、あまりないパターンもありますが、以下のような感じのルートが考えられます。

・書籍を元にして独学で覚える

・CADスクールを活用して覚える

・経験者に個人的に教わって覚える

最後の項目にある「経験者に教わる」というのは、恐らくはかなり特殊というか運が良い環境でなければ実現しないとは思います。
親族の方にそうした仕事についている方がいるとか、友人に特別に教えてもらうとか、そうした環境がもしあれば、スクールを活用する必要は全然なくなってしまいます。

ビジネスライクに教わる事が出来ないというのが良い方向に進むのか、もしくは教わりにくくなって上手くいかない結果になるのか…
そのあたりはその人との関係によって大きく変わってくるはずですが、いずれにしても一対一で教わる事が出来る状況はそうそうないはずです。

もしそうした機会があったとしたら、教わる相手との関係がどうであれ、教わる期間は先生と生徒の関係に徹する事をお勧めします。
まあこれは当たり前の話ですから、ここであえて書くこともないのですが…

と言うことで、AutoCAD(オートキャド)を覚えるには自力で頑張るのか、あるいは誰かに教わるのかという二択になる、という話でした。

書店に行ってみるとよく分かりますが、今はAutoCAD(オートキャド)の操作方法を解説してくれている書籍が結構たくさんあります。
なので、書籍を片手に独学で覚えるというやり方も、充分に現実味がある選択肢になっているのではないかと思います。

CADの勉強

ただ、言うまでもないことですが、本を頼りに一人で調べていくよりも、既に知識を持っている人に教わった方が効率が良いのは間違いありません。
そういった意味で、知り合いの経験者に教わる事が出来る状況にいる方は、かなり幸運な状況にあると言えるのではないかと思います。

実際はAutoCAD(オートキャド)を教わる相手に心当たりがない方が大半だとは思いますが、そうした場合にはあまり選択肢がない状況だと言えます。
誰かに教わるという選択肢はつまりスクールを意味することになる訳で、要するにスクールか独学かの選択肢と言うことになってきます。

こうした状況を考えていく中で、効率良く覚える為にスクールを活用するという選択をするというのは、結構現実的な選択肢ではないかと思います。
コストがかかるというデメリットはありますが、コストをかける価値は充分にあります。

独学の場合は自分で書籍を調べて操作をやってみる訳ですけど、それが正解なのかをジャッジしてくれる人がいないという問題があります。
もしかしたらこの操作方法がベストなのかも知れないし、もっと別に良い操作方法があって、今のやり方は効率が悪いかも知れない。

こうした疑問が出ても、それに対して答えてくれる相手がいないので、そのまま自分が思った通りに進めていくしかありません。
そのあたりをスクールでフォローしていく事で、効率良く、なおかつ安心してAutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていく事が出来る。

こうした判断から、AutoCAD(オートキャド)を覚える為にスクールを活用するという選択肢もアリではないかと当サイトでは考えています。

関連記事

  1. 目的地
  2. スクールの比較チェック
  3. 書籍
  4. 仕事はチームでやるもの
  5. スクールでの学習
  6. 資格の勉強