オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

CADを覚えた先の話

このカテゴリでは、CADの操作を勉強する前に知っておいて頂きたい事、というテーマで色々な考え方について書いてきました。
こうした考え方については人によって様々な意見があるのは承知していますし、もちろん私の考え方が絶対に正しいとは言いませんが…

「そうかも…」と思った部分だけでも参考にして頂けると嬉しいです。

私自身も色々考え方が間違っている事が多く、今でも日々考え方やスキルを更新しているところなので、これを書いた時点での考え方が絶対に合っているはずはないと思っています。
しかし「考え方が完璧な状態になってから書こう」などと思っていると、恐らく一生なにも書くことが出来ずに終わってしまう事は間違いない。。

今自分に出来るのは、今自分がベストだと思っていることを伝えることだけ、と言うことで…
今現在CADを仕事のツールとして活用している一人のプロとして、こうした考え方もあるという事を伝えておこうと思いました。

そろそろ具体的な話に進んでいきたいところですが、このカテゴリの最後ということで、簡単にまとめておこうかと思います。
まずはCADを勉強してどの程度の期間で使えるようになるのか、というあたりの話ですが、個人差はありますが2ヶ月くらいやればきちんと操作出来るようになると思います。

覚える為の期間

ただしこの段階はあくまでも、それぞれの操作を問題なくこなすことが出来るという段階ですから、そこでスキルとして完成している訳ではありません。
CADを使った仕事をこなす為に必要な最低限のレベルに到達した、というくらいのイメージではないかと思います。

もちろん個人差がありますから、CADに向いている方であればもっと早く使いこなせるようになるし、その逆パターンもあります。
こうした成長スピードの違いというのは、長く仕事をやっていくという長期のスパンで考えると、それほど大きな影響はないので安心してください。

ごく稀にですが「さすがにこの人はCADに向いてない」と思う方がいらっしゃいますが、今までの経験からみた割合としてはもうほぼゼロです。
大抵の方は慣れてくるに従って少しずつ操作が洗練されてくるもので、最初に他の人よりも1ヶ月成長が早いとか、そういう違いはそれほど重要ではありません。

逆に人より少し覚えるのが早くて「CADってこんなもんか」と思った人の方が、長いスパンで考えると成長しなかったりするものです。
なので、あまりにものんびりで予定が立たないのは困りますが、そこまで焦らなくても大丈夫ではないかと思います。

ただ、成長する速度はゆっくりでも良いですが、継続して成長し続けることが重要なので、常に改善を意識して勉強していく事をお勧めします。
今の状態がベストだとは思わず、常に改善を考えるというのは結構シンプルな事なのですが、実際にやってみるとかなり難しい事だと分かります。

単純な事=簡単な事 ではないんですよね。

基本的な話として、現状に満足している人は大きな進歩はしないものです。

泳ぎが上手で毎日川を泳いで渡ることに不便を感じていない人は、恐らくその場所に橋をかけようとは絶対に思わないですよね。
ですが毎日泳いで川を渡るのが嫌だという不満を持っている人がいれば、そこになんとかして橋をかけようと思うかも知れません。

この違いは結構大きいものです。
なので、CADのプロとして高いスキルを目指しつつも、そこに到達しても満足しないで上を目指すという考え方を持っている方が、仕事としていは有利です。

プライベートで周囲にこうした「日々改善をした方が良い」と思っている人がいると、どっと疲れたりしますが…
少なくとも仕事だけに限定すると間違いなく有利なので、自分のスキルを毎日磨いていく事が出来るように当サイトで少しでもお手伝いが出来ればと考えています。

関連記事

  1. 建築図面の例
  2. 在宅勤務
  3. 人の何かを教える事
  4. 固定の出費
  5. 優先順位
  6. CADの求人