オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

図面を描くツールとしてのCAD

AutoCAD(オートキャド)の操作を覚えることを目標にするけれど、覚えた後はどのように考えていくのか、というあたりの話を前回は取り上げてみました。
ちょっと自己啓発書みたいな内容になっていますが…

目標を決めてそこに向けて具体的な努力をしていく事、そして目標を達成した時には次の目標を設定する事は、仕事では誰もがやっている事です。
誰もがやっている当たり前の事だからこそ、それをやらないという選択が、知識やスキルとしては退化していく事につながるという話でした。

CADを覚えた先はどのような目標を立てていくのか、という部分については、それぞれの方がどのような環境で仕事をしているのかで大きく違ってきます。
だから当サイトで具体的な話が出来るかどうかは自信がありませんが、これは個人個人でいずれ考えざるを得ない部分だと私は思っています。

ステップアップ

そして、向上心をもってスキルアップに取り組んでいる方であれば、いずれAutoCAD(オートキャド)の操作だけでは満足出来ない日がやってくるとも思っています。
なぜそう思うのかというと、私自身がそうだったからです。

私の場合どうだったか、というあたりの話はいずれ書くことがあるかも知れませんが、あまり参考にならない可能性もあるのでちょっと優先順位は低めです。
まずは具体的なCADの操作についての話を進めていく方が先ですよね。

ただ…

当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を操作することに興味がある方の為に、役に立つような情報を提供していければと考えています。
しかしそうした方に対して「CADを覚えるだけでは満足しなくなるかも知れません」とお知らせするのが良い事なのか、ちょっと迷う部分もあります。

しかし「AutoCAD(オートキャド)のスキルがあれば一生仕事には困りません」という無責任な発言はやっぱり出来ません。
本当にそう思っているのであれば、私は今でも同じ仕事をし続けているはずですけど、実際はもう少し違う仕事に変わっていますから。

AutoCAD(オートキャド)は確かにとても便利で優秀なツールです。

しかも、誰しもが簡単に使えるようなツールではありませんから、高いレベルで使いこなす事が出来れば大きな価値がある事は間違いありません。
なので当サイトでは、出来るだけ短い期間で使いこなす事が出来るように、読んで頂いている方にとって有益な情報を提供していきたいと考えています。

まずはそのレベルを目指すことは間違いではありません。
しかし、あくまでもCADは図面を作図するツールである事も意識しておいた方が良い、という事もあわせてお伝えしておきたいんです。
CADを覚えた先の世界もあります、という事を先に伝えておきたい。

例えば料理を作る仕事について考えてみると、包丁やフライパンなどが料理を作るための道具という事になるかと思います。
お客さんに喜ばれるような料理を作る為には、やはり包丁さばきが上手いなど、道具を使いこなしている必要があるでしょう。

包丁が上手く使える事は必要な事ではありますが、それがそのまま食べる人が喜ぶ料理を作ることが出来る事とイコールになる訳ではないですよね。
料理のことはあまり詳しくはありませんが、きっと食材の知識だとか味付けの方法や調味料など、知っておくべき事が他にもたくさんあるはずです。

この例で何を伝えたいのかというと、道具を使いこなせるようになるだけでは不十分な場合もある、と言うことです。

CADの話に戻ると、図面を作図する為にはCADのスキルが必要になることは間違いありませんが、道具を使いこなすだけでは描けない図面もあるんです。
その便利なツールを使ってどのように図面を描いていくのか、その為には図面の内容に関する知識が必要になってくる場合もある。

CADを覚えた後でも勉強することはたくさんあるかも知れないので、世界がもっと広がる可能性がある、という話でした。
具体的な話がなく漠然とした内容になってしまい申し訳ありませんが、CADを覚えた先の話を最初にどうしてもしておきたかったんです。

関連記事

  1. 勉強の繰り返し
  2. ステップアップ
  3. CADの勉強
  4. 仕事の楽しさ
  5. 覚える為の期間
  6. チームで仕事