オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

専門的な用語について知っておく

CADを使って図面を作図する際に必要となってくるのは、当然のことですがCADの操作スキルという事になってきます。
しかし図面を作図するという業務をする訳ですから、CADの操作だけではなく、もう少し図面についての知識も必要になってくる場合も多いです。

前回はそうしたテーマから、図面の基本的な用語について、本当に簡単な言葉だけではありますが、いくつか紹介をしてみました。
もちろんここで紹介した言葉を知っただけでは実際の業務では足りないので、継続して色々な言葉を覚えていく必要があります。

あまりにも専門用語が通じないと思われてしまうと、素人だと判断されて相手にされなくなってしまう可能性があります。
そうなるとそこから何かを教わることは結構難しくなってくるので、最低限の用語は覚えておいた方が良いと思います。

専門用語を覚える目的として、これは少々身勝手な理由ではないかと思いますが、自分のために覚えるという気持ちでいる方が覚えやすいものです。
理由はどうであれ、結果として勉強が進むのであれば、その理由は自分のためという勝手な目的で全然OKだと私は思っています。

「会社の為にスキルを高めます」という立派な方も当然いらっしゃるとは思います。
しかしスキルを高めるという目的を達成するのがどちらも同じであれば、自分の為が結果として会社の為になるくらいの気持ちで良いのではないかと。

結局は会社の人材として自分自身の価値が高まる事になる訳ですから、会社としてはマイナスであるはずがないですから。
と、専門的な言葉を覚えるのに自分の為とか会社の為とか、そんな大げさなことは毎回考えないとは思いますが…

少なくともスキルアップを目指す目的は明確にしておいた方が良いです。

今はインターネットが整備されている関係で、分からない言葉はその場で即座に調べることが出来るという便利な状態になっています。
なので、もし仕事をしていて何らかの聞いたことがない言葉が出てきたら、その場ですぐに調べる癖を付けておくと良いと思います。

ただ、そうした調べる癖というのは今どき大抵の方が持っているものですから、何を今さら当たり前の事を…みたいな感じがあると思います。
もちろんそれは承知しているのですが、言葉を調べて「そうなんだ」で終わるのは少しだけもったいないので、もう少し深く覚えていくことを当サイトではお勧めしています。

その言葉を知っているかどうかの境界線は、人に分かりやすく説明出来るかどうか、というところではないかと私は考えています。
完全に分かっていない事について、なかなか人に分かりやすく説明することは出来ないものですが、自分が本当に分かっている事であれば話は別ですよね。

人の何かを教える事

なので、用語について調べる時には、誰かに分かりやすく説明出来るように、というテーマで調べていくのが効率的というかお勧めです。
時々「すぐにスマホで調べることが出来るのだから、覚えるのは効率的ではない」という感じの意見を耳にすることがありますが…

確かにそうした意見は理にかなっている部分もありますが、分からない言葉だらけで毎回スマホで調べているような相手と打合せをするのは勘弁して欲しいです。
もしくは「分からないけど後で調べよう」と思って言葉を聞いているだけの相手と打ち合わせするとか、もう時間の無駄でしかありません。

せっかく調べたのであれば、その知識をそのまま自分の知識に上書きしてしまえば良いだけの話ですから、そんなに難しいことではないと思います。
これを繰り返していくうちに、分からない言葉がない状態はすぐに出来ますし、人に説明出来るくらいの知識が無駄であるはずもありませんから。

まずは疑問を素通りしないでその都度調べていき、その内容を人に説明出来るくらいに整理したものに毎回していく、という話でした。
これは簡単なように見えて結構難しいものですが、だからこそ継続してやっていく事に大きな価値があると思いますよ。

関連記事

  1. ステップアップ
  2. 固定の出費
  3. 仕事の楽しさ
  4. 在宅勤務
  5. 優先順位
  6. 建築図面の例