オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

図面の内容についての知識

AutoCAD(オートキャド)を高いレベルで使いこなせる事が当面の目標としてあって、その先にも覚える事がある、という話を前回は取り上げました。
CADはあくまでも図面を作図する為のツールですから、ツールを使うだけではなく、図面の内容などにも踏み込んで勉強をしていった方が良いです。

これはCADを覚える前であればピンと来ないかも知れませんが、実際にCADを使った仕事をしてみれば「そうか」となるのではないかと思います。
それを感じるのは少し寂しい事かも知れませんが、自分にはまだ足りない部分があることを知って、それからまた勉強をしていく。

勉強の繰り返し

そうした流れになることを願いつつ今これを書いています。

昔は図面を手で描く時代だったので、少し昔の図面というのはほぼ間違いなく手書き図面の青焼きというような状況でした。
そうした手描きの図面をCADデータ化するという仕事が結構多かったので、CADを使える事で仕事の量は多かったと記憶しています。

しかしCADが普及している今現在、手描きベースの図面をCAD化するという仕事はそれほど多くはない、というのが現実ではないかと思います。
もしそういった仕事があったとしても、継続的にある訳ではなかったり、その仕事を狙っている人が多かったりすると、あまりうまみのある仕事にはなりません。

もう少し明確な表現をすると「それでは食べていけない可能性がある」という事です。

ライバルが多い場合は圧倒的なスキルと成果物で差を付けるか、もしくは価格的な面で差を付けるかのどちらかになる訳ですが、なかなか成果物では差がつかないものです。
そうなると「単価が安い方に発注した方が良い」みたいな状況になって、それがエスカレートすると結構厳しい状況になってしまいます。

在宅勤務で図面を作図する仕事は、その性質上「1枚いくら」という契約になる場合が多いです。
どのように仕事に取り組んでいるかが分からない以上、完成する図面の枚数を成果と考えるしかないですから、これはごく自然な事だと言えるでしょう。

しかし競争が激しくなると1枚あたりの図面単価は安くなる一方です。
ネットがつながっていればどこでもCADで作図が出来る、という部分がメリットだと思ったら、人件費の安い海外で作図する方と価格競争をする事になる場合もあります。
そうなると恐らく価格では太刀打ち出来ない状態になるのではないかと思います。

これではせっかく覚えたCADのスキルがなかなか生かせない可能性もあります。
そうであれば、少なくなったパイを奪い合うのではなく、自分のスキルに付加価値をつけてステップアップした方が良いのではないか。
これが当サイトの、というか私の考えになります。

図面というのは様々な業種の図面があって、それぞれに必要となる知識は全然違ってくるはずですから、非常に奥が深い世界があると思います。
そうした奥の深い世界についてある程度の知識を持っていると言うことは、プロとして非常に価値があるのではないでしょうか。

そして、どのような業種の図面を作図する場合でも、CADのスキルが高いという事はどんな場合でも大きな価値があるものです。
CADの高いスキルと図面に関する深い知識を併せ持つことが出来れば、それは非常に価値の高いスキルになるはずだと思っています。

CADを覚える事は確かに目標になり得るものですが、仕事をしていく上での最終目標には設定しにくい、という現実がある訳です。
同じような事を言葉を変えてしつこく書いていますが、こうした現状と、覚えた先にも目標があることを知っておいた方が絶対に成長は早いと思って書いています。

身近な目標も大切ですが、ずっと先の目標を見据える事も同じくらい大切な事ですから。

関連記事

  1. 固定の出費
  2. ステップアップ
  3. ステップアップ
  4. CADの求人
  5. チームで仕事
  6. CADの勉強