オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

当サイトのスクールに対する考え方

前回はAutoCAD(オートキャド)のスクールを活用する事について、当サイトではどのうように考えているのか…
という話をしようと思っていましたが、私の場合についての話に逸れてしまったのであまり目的の話が出来ませんでした。

なので、今回は改めてスクールについての考え方を説明してみたいと思います。

まずは前回も書いた通り、実際には独学でもAutoCAD(オートキャド)を覚えることが出来ますから、スクールが必須という訳ではない、という現実があります。
私も独学で覚えましたし、今仕事をしている場所で一緒に仕事をしている方も、大抵の場合は独学で覚えているので、それは間違いありません。

ただ、これは少し注意が必要ですが…

今AutoCAD(オートキャド)で仕事をしている方が独学だったからと言って、独学で勉強した方が全て仕事に就いている訳ではないと思います。
最終的にCADを仕事にした方に聞いたら「独学」という答えがあるだけで、実際には独学で挑戦してうまくいかなかった方も多いはずです。

独学での挫折

独学で覚えることに挑戦して挫折した方には、AutoCAD(オートキャド)をどうやって覚えたのかを聞く事が出来ませんから。
継続して勉強して覚えることが出来る確率で考えると、間違いなくスクールの方が確率は高いという結果になると思います。

何事も同じだとは思いますが、何かを覚えようとして行動に移した時には、興味を持って継続して勉強していかない限りは上手くいかないものです。
それが独学だと継続するのが結構難しく、スクールの場合は比較的継続がしやすいという現実があるので、そのあたりは考慮しておいた方が良いでしょう。

結局AutoCAD(オートキャド)を覚えることが出来るのなら、コストがかからない独学の方が良い、という単純な話ではないんです。
かと言ってスクールに通えば間違いなくAutoCAD(オートキャド)を覚えることが出来る、という話でもないのが難しいところ。

どのような手段をとるにしても、覚える本人が主体的に動いてい必要があって、「教えてもらえるから大丈夫」みたいな受け身の考え方は危険だという事です。
スクールを活用することにした場合でも、スクールで教えてもらおうではなく、スクールを利用して効率良く覚えようというスタンスがお勧めです。

そこが間違っていると、お金を支払ってスクールで覚える事を選択しても、なかなか覚える事が出来ない状況になってしまうことが考えられます。
コストがかかるというリスクがあるので、そうなってしまうのが一番勿体ないです。

と言うことで…

当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を覚える為の手段としてスクールを活用する事は、選択肢として充分に有効だと考えています。
知識を少しでも多く吸収したいと考えている方にとっては、質問できる相手がいるスクールはより有効になるのではないかと思います。

本人が受け身で「教えてもらおう」という気持ちではなかなか難しい、というのはスクールでも独学でも同じです。
もしそうであれば、なかなか覚えられなかった場合の事を考えて、スクールに通わない選択肢の方がリスクが少なくて良いかも知れません。

最初から覚えられないことを想定して勉強を始めるのはおかしな話ではありますが…
ポジティブである事と、何も考えずにスクールを選択する事とはイコールではないので、そこは間違えないように考えた方が良いです。

自分がどこまでAutoCAD(オートキャド)を覚えたいと思っているのか、という熱量というか意欲というか…
そのあたりを明確にしておいた方が上手くいく確率は高くなると思います。

関連記事

  1. 書籍
  2. 積み重ねの時間
  3. 目的地
  4. コスト
  5. CADの勉強
  6. 受験勉強