オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

最も早く覚えるやり方は

前回はAutoCAD(オートキャド)を覚える為に書籍を購入するか、というあたりについて考えてみました。
そうした話の中で、何のためにAutoCAD(オートキャド)を覚えるのかを明確にしておき、その為に期限を切って早めに覚えるのが良い、という話もありました。

期限という概念がない状態で勉強をするのは楽だし、自分の知識が少しずつ増えていく感覚を味わうことも出来るので、場合によっては楽しさすら感じるかも知れません。
しかしそこに「いつまでに覚える」という期限が出来た瞬間に、それまでの楽しい雰囲気というのは消え去ってしまうものです。

期限があることで「このままのペースでは間に合わない」とか「今日はここまで覚えないとペースとしては良くない」などの現実に戻ってしまうんです。
でも、こうしたあまり楽しくない現実に戻ることこそが重要で、その為に期限を切って勉強することをお勧めしている訳です。

受験勉強について考えてみると、国立大学を狙っている方であれば年明けのセンター試験を、私立大学を狙っている方であれば2月の試験に間に合うように勉強を進めます。
この制限時間がある状態が最も苦しいのですが、だからこそ圧倒的な集中力を発揮して勉強に没頭する事が出来るのではないかと思います。

受験勉強

これがもし「納得いくまで勉強出来たと感じた人から試験します」というスタイルだったら、恐らく4月になってもまだ試験を受けない人が多いはず。
もしそうしたシステムだとしたら、恐らく12月あたりで勉強する密度は絶対にあそこまで濃くはならないとも思います。

受験勉強というシステム自体が完全なものではないとは思いますが…
期限を区切ってそこまでに集中して何かに取り組む習慣をつける、という意味では非常に意味のある経験ではあるでしょう。

こうした状況をAutoCAD(オートキャド)の勉強に当てはめた時に、いつまでに覚えるという期限を区切らない事の危険性が分かると思います。
確かに期限を決めずに色々興味のある機能についてじっくり調べていくのは楽しいものですが、そうした楽しさは趣味で感じるべき感情なんです。

AutoCAD(オートキャド)と趣味というキーワードから、私の同僚に困ったタイプの方がいたことを思い出しました。
今でも覚えているということは、まあ結構困ったのだと思います。
かなり昔、私がAutoCAD(オートキャド)のオペレータをしている時期の話ですが…

皆が非常に忙しく仕事をしている中で、その方もパソコンに向かって忙しそうにしているので、私はてっきり仕事をしているのかと思っていました。
しかし実際にはAutoCAD(オートキャド)の誰も知らないような機能を調べていて「こんな機能があるの知ってた?」みたいな質問をされたりしてました。

仕事はどうした。

 

と言いたいところでしたが、残念ながら若干目上の存在でもあったので、私がそうした事を言う立場ではありません。
だからこそ、仕事をしてない状態を見せても全然大丈夫、という態度だったのでしょう。

AutoCAD(オートキャド)はマクロでカスタマイズする事も出来るのですが、仕事中にそうしたマクロ作成に没頭したりとか…
とにかく知識とスキルは高まっている事は確かではあるんですけど、仕事自体は全然進んでいない状況になっていて、それを徹夜で一気に取り戻すみたいな仕事をしていました。

しかし徹夜で急いで仕上げた仕事ですから、控えめに言ってもそれほど精度の良い仕事とは言えず、トラブルの連続だったことを思い出しました。
自分よりも経験があるからと言って、そういう人がみな自分よりも仕事が出来る訳ではない、と言うことをその方からは勉強させて頂きました。

…と、少し話が逸れてしまいましたが、AutoCAD(オートキャド)を勉強する際には、期限を切らないと効果が少ないという話でした。

関連記事

  1. CADの勉強
  2. 独学での挫折
  3. スクールの比較チェック
  4. 積み重ねの時間
  5. 選択肢は色々
  6. 資格の勉強