オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

AutoCADを使いこなす為のまとめ

このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)の知識と操作方法をある程度覚えたあと、どのような方向性を目指していくのかについて間が手見ました。
書いている私の経験を元にした意見になっているので、少し偏っているような気がして心配にはなりますけど…結局は自分が経験した事が一番深く書けるんですよね。

100%そのまま受け入れるのは難しいかも知れませんが、今後オートキャド(AutoCAD)を使った仕事をしていく中で少しでも参考になれば嬉しいです。
今回はこのカテゴリの最後ということで、今まで紹介してきた内容を簡単にまとめてみたいと思います。

AutoCADを使いこなす為に

□完全ではなくても

オートキャド(AutoCAD)をある程度覚えた後は、そこからさらに深い知識を得るためにも仕事で使う事を意識すると良いです。
自宅で練習するのと仕事で冷や汗をかきながら覚えるのとでは、やっぱりどうしても緊張感が違うので、時間の密度も違ってきます。

濃い時間を過ごした方がスキルアップには良いので、ある程度の知識を得たあとはもう仕事をしながらスキルアップをした方が効率的です。
お金ももらえますし。

そうした考え方をすると、オートキャド(AutoCAD)が持っている全ての機能を頑張って覚える必要などないことが分かります。
もちろん全ての機能を覚えた方が有利には違いありませんけど、そこで決定的な差が付くわけではないので、あまりそこにフォーカスしすぎない方が良いです。

□目的がどこにあるか

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いて、その仕事によって給料を得て生活をしていく、というのが一般的なプロの姿です。
これからオートキャド(AutoCAD)を覚えようと考えている方であれば、恐らくそうした事を目指しているのだと思います。

でも、オートキャド(AutoCAD)のコマンドとか機能とかを調べていくうちに、機能を覚えることが目的になってしまう危険があります。
でも、機能を覚えるのはあくまでも目的を達成するための手段でしかありません。

図面を描くプロとして生活していくという目的を達成するためには、やはりオートキャド(AutoCAD)の機能を知っておいた方が有利です。
カスタマイズをする場合でも同じ事が言えて、やっぱり図面を効率良く描いていくためにカスタマイズなどの設定をしていく。

これを間違えると、単純にオートキャド(AutoCAD)に詳しいだけの人になったり、オートキャド(AutoCAD)評論家みたいになってしまうので注意が必要です。

□操作スピードが早い価値

カスタマイズなどをする目的は、結局は効率良く作図を進めるためであって、もう少し具体的に言えば出来るだけ早く作図を終えることが目的としてはあります。
こうして少しずつ操作のスピードを高めていくことは、オートキャド(AutoCAD)のプロとしてかなり大事なポイントになってきます。

やはり仕事で図面を描く以上は、時間を意識しない訳にはいきません。
時間を意識していくと、操作が早くて作図の完了までにかかる時間が短い、というのはやはり大きな武器になっていくんですよね。

そうなる為には無駄な作業をなくすことを考えたり、新しいやり方に挑戦したりなどの地道な積み重ねが必要になってきます。
しかしだからこそ、その積み重ねの結果として高いスキルを手に入れた方には、プロとして大きな価値があるのではないかと思います。

□正確な図面も意識する

オートキャド(AutoCAD)の操作スピードを高めていくことと並行して、正確な図面を描くことも意識するとなお良いです。
そのために出来ることは単純に「作図した図面を自分で見直す」という非常にシンプルな行動が必要になるだけ。

誰にでも出来る作業ではありますけど、時間がないなかでそれを徹底できるか。
そのあたりの細かい、しかし決定的な違いがこそが、オートキャド(AutoCAD)のプロとしての評価を大きく分けるのではないかと思います。

せっかく仕事をするのだから、周囲から評価された方が絶対に良いはず。
それは金銭的にもそうだし、なによりも気持ち的に。
なので、高い目標を持ちつつ、会社に高い評価をされながら、さらに高いレベルを目指して試行錯誤していく、というスタンスを当サイトではおすすめします。

関連記事

  1. パソコンの設定を変えて便利に使う
  2. 仕事する以上給料は無視できない
  3. 仕事に費やす時間は膨大な量に
  4. 経験を積んでスキルアップ
  5. 図面には正確さが求められる
  6. 改善の積み重ねで差を付けていく