• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

目標は高い方が良い場合も

当サイトではオートキャド(AutoCAD)の色々な機能を紹介する事で、作図の効率化をすすめていく手助けが出来ればと思っています。
作図する操作が早くて結果として短い時間で図面が完成するというのは、図面を描くプロとして仕事をしていく中でかなり強力な武器になります。

その為には色々な知識が必要で、それを工夫する気持ちも欠かすことは出来ません。
でも、そうした知識とか気持ちの持ち方とは全然別の話として、正確な図面を描くために必要な手助けをするというのは難しいと感じます。

なぜなら、正確な図面描くには「完成した図面をしっかり見直す」事しか出来ないから。
そこには特別な知識とか、知っておくと得するような設定とかはなくて、もうやり方はひとつしかない状態なんですよね。

とにかく毎回完成した図面を印刷して、内容をチェックして間違いがなくなるように気を遣うことでしか間違いをなくす事は出来ません。
それしかコツはないので、もう解説するような内容がないというのが正直なところ。

そうした理由があるから、オートキャド(AutoCAD)の操作に慣れた方であっても、正確な図面を完成させることが出来ない場合がある。
このあたりの話は技術的な内容ではなく、もう作図する方の習慣というか心がけ次第みたいなところがあるので、やり方もなにもないんです。

だからチェックしない方はどこまで経験を積んでもチェックしない。

図面チェックの重要性

逆に考えると、これからオートキャド(AutoCAD)を覚える方は、最初からスピードと正確さの両方を目指していくことが出来るとも言えますよね。
今現在のスキルはともかくとして、最初から正しいやり方で覚える事が出来るのであれば、そこはもしかしたら有利かも知れません。

最初から作図した図面を見直す習慣を付けておくと、もうそれが当たり前のことになるので、自然と正確な図面を描く準備が出来ている状態になります。
そうすると自然と作図する図面は正確になっていく。

これは「短時間で大きな成果をあげる」というようなスキルではありませんけど、仕事ですから比較的長いスパンで信用を得ていけば良いんです。
そうやって信用を得た頃にはもう操作のスピードも他の方よりも早くなっている、という感じになっていれば、もう食べていくのに困ることはないと思います。

単純にオートキャド(AutoCAD)の操作を覚えて図面を描く事を目標とするのか、それとももう少し高いレベルを目標とするのか。
それによって得られる結果は少し違うものになっていくと思うので、これからオートキャド(AutoCAD)を覚える方にはぜひ高いレベルを目指して欲しいと思います。

そうして仕事をやっていくと、見込みがありそうだと思われて色々な方から操作のコツとかを教わる事も出来るはずです。
まわりに経験者がいるかどうかによって全然違ってくるので、これは一概には言えないことではありますけど…

少なくとも私であれば、教えがいのない方に時間を割いて説明するのは無駄だと感じます。
もちろんその逆もあって、教えがいがあると感じる方がいれば、ちょっと鬱陶しいと思われるくらいに説明をしてしまうかも知れません。

そうした損得を考えながら仕事をする訳ではないですよ。
高いレベルを目指して努力をしていると、それが周囲にも伝わるので自然と助けてくれる人が増えていくという単純な話です。

仕事は評価されながら成長した方が良いに決まっているので、そうした良い循環でスキルアップしていくことが出来た方がよいです。
そのためという訳でもないですけど、やはり覚えるからには高い目標をもって取り組むことを当サイトではおすすめします。

関連記事

  1. まずは目的地を明確にする
  2. カスタマイズを移行したい場合も
  3. 改善の積み重ねで差を付けていく
  4. 高いレベルを目指す
  5. 経験を積んでスキルアップ
  6. 図面には正確さが求められる