オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

全ての機能を暗記する必要はない

自分のやり方を高めていく為には、人のやり方を参考にするとヒントになる場合があります。
当サイトでは、これからオートキャド(AutoCAD)を覚えようとしている方、そして既にある程度使える方が読んで、何らかのヒントになればと考えて色々と書いています。

そんな話の中で…
オートキャド(AutoCAD)が用意している機能や設定はたくさんありますが、それらの機能を使いこなす為に、全てを覚えなければならないのか。
前回はそのあたりについて少し考えてみました。

結論だけを書いて理由を説明しないまま次回に続いてしまいましたが、当サイトの考えとしては、やはり全ての機能を覚える必要性はないだろうと思っています。
実際のところ、私も仕事では全ての機能を使っている訳ではないですし、それでも全然問題なく図面を描いていく事が出来ていますから。

私が実際の仕事でそうだから、読んでいる方もきっと同じに違いない、というのは少し乱暴な意見なのかも知れませんが…
それでも、実際の仕事では必要となる機能や設定などをきちんと覚えておく事が出来れば、それで充分に仕事を回していく事が出来ます。

これは実際にオートキャド(AutoCAD)を使って仕事をしている方にとって、そんな事は当たり前だろうと思うような話かも知れません。
でも、意外に勘違いしやすい部分でもあるので、このカテゴリの序盤に書いておこうと思いました。

色々な機能を覚えるのは、用意された便利な機能を使いこなして効率よく図面を描いていく、という目的があるからです。
この目的をまずは明確にしておく必要があります。

仕事でスムーズに図面を描いていく事が出来るように、必要と思われる機能をしっかりと覚えておき、適切な場面でそれを実行していく。
これがオートキャド(AutoCAD)で図面を描くプロに求められるスキルです。

AutoCAD(オートキャド)が用意してくれている機能を暗記するとか、たくさん用意されている細かい設定を全て覚えるとか。
そうした行為は確かに出来が方が有利ではありますけど、それは目的ではなくて、あくまでも目的を達成する為に役立つ方法でしかありません。

この違いは結構大きいと思います。

そのあたりを勘違いすると、頑張ってAutoCAD(オートキャド)の機能をたくさん覚えたにも関わらず、仕事で評価されないというミスマッチが発生しがちです。
これは働く側にとって非常に困ってしまう状態だし、それと同じくらい会社にとっても困ってしまう状態になるという…

自分にとっても会社にとっても不幸になる困った間違えなので、まずはオートキャド(AutoCAD)を覚える目的を明確にしておく事をお勧めします。

まずは目的地を明確にする

知らない機能とか使った事がない機能が結構あったとしても、作図する図面の内容はしっかりしているしスピードも早い。
これがプロとして最低限求められるスキルではないかと思います。

もちろん全ての機能を知っていて、なおかつそれを作図するシーンに合わせて使いこなす事が出来て、その結果作図する図面の質もスピードも水準を超えている。
これがオートキャド(AutoCAD)のプロとしての理想的な状態ではあります。

しかしその理想を追求するのは結構大変だし、そこまでになるのは結構時間がかかるはず。
そのレベルになるまでAutoCAD(オートキャド)を使った仕事をしない、というのはあまり現実的ではありません。

なので、まずは最低限の機能を覚えた後は、実際に仕事をしながら少しずつその知識を高めていく、という流れでやっていくのが良いと思います。

関連記事

  1. パソコンの設定を変えて便利に使う
  2. 改善の積み重ねで差を付けていく
  3. プロの定義について考える
  4. 作図が遅いメリットはあるか
  5. 図面チェックの重要性
  6. 人と違うことが良いわけでもない