オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

操作が遅いから正確なのかを考える

オートキャド(AutoCAD)を使って正確な図面を描く為には、やはり作図のスピードも同じくらい重要な要素になってくる。
結局は正確なだけじゃダメという話を前回は取り上げました。

時間とかコストなどを意識していくとスピードはどうしても必要になってきて、信用とか仕事の品質などを意識していくと正確さも必要になってくる。
どちらかだけを取るというような極端な事は出来ないので、オートキャド(AutoCAD)のプロであれば両方を兼ね備えておく必要があるんです。結局は。

オートキャド(AutoCAD)で図面を描いていく仕事をする以上、操作スピードがあった方が絶対に有利であることは間違いのない事実でしょう。
どう考えても遅いよりは早いほうが良くて、操作が遅いからこそ出来ることもある、みたいな変な話はそこには全然ありません。

作図が遅いメリットはあるか

仕事をしていると、確かに操作は早いけれど正確ではないのがネックとか、作図は遅いけれどその分だけ慎重に進めているから正確で良い、みたいな意見を時々耳にします。
もちろんそうなる場合もあるし、もしそうであれば単純なので楽なのかも知れませんけど、実際にはそんなに単純な話ではありません。

作図の早さというスキルと、正確な図面を描くというスキルは、どちらかだけしか選択出来ないものではなく、それぞれが独立した要素になっています。
だから早さがない方が必ず正確さを持っているかというと、実際はそうでもない場合が多い。

図面を描くスピードが早い方でも、完成した図面が正確である場合は結構多いです。
それは前回も少し触れましたが、早く作図が完了した分だけ余裕をもって図面のチェックが出来るという理由が大きいのだと思います。

短時間で急いでチェックすると見逃してしまう間違いも、じっくり腰を据えてチェックすれば見逃す事は少ない、という考え方ですね。
そうなると、作図スピードが早い場合であっても、その時間には関係なく完成した図面の精度は間違いなく高くなるはず。

作図が早くて時間に余裕があるというのは、こうした余裕が生まれる事を意味しています。
それだけでもう有利ですよね。

もちろん時間に余裕がある場合でも、反対に余裕がない場合でも、作図した図面をきちんとチェックするかどうかはまた別の話です。
それは作図している本人の意識の問題で、スピードと正確さはそれぞれ独立した要素になっている、というのはそうした意味があります。

要するに作図が早いからと言って、完成した図面の精度が低い訳ではない、ということをここでは伝えておきたかった。
何事も急ぐと正しい判断をするのが難しくなるので、そう考えてしまう気持ちも理解出来ますけど、そんなに単純ではないんですよね。

正確な図面を描いているから作図に少し時間がかかっている、というのはちょっと変な理由付けである事がこれで分かると思います。

結局は操作が早いとか遅いとかの要素には関係なく、正確な図面を描く人と、そうではなく間違いが多い図面を描く人に分類されることになります。
オートキャド(AutoCAD)のプロとしてどちらが理想的なのかを考えてみると、もう言うまでもなく正確な方が良いですよね。

作図が遅いにも関わらず完成した図面は間違いが多いという、ちょっとプロとしては非常に残念な結果になってしまう場合も考えられます。
そうなると仕事を継続していくことが厳しくなってくるので、出来るだけスピードと正確さという両方のスキルを持つ事を目指しましょう。

どちらのスキルも「そうなりたい」と意識しない限りは現実のものにはなりませんから。

関連記事

  1. 経験を積んでスキルアップ
  2. 努力の方向性について考える
  3. 人と違うことが良いわけでもない
  4. スキルアップの為に
  5. 高いレベルを目指す
  6. 作図のスピードはどうしても必要