• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

手動入力寸法を元に戻す方法

オートキャド(AutoCAD)で寸法を記入する際に、自動で入力された数値を手動で更新するのはあまりお勧め出来ない。
前回はそのような話を取り上げました。
もちろん図面によっては寸法値を手動で更新した方が良い場合もあります。

例えば長さを省略して表現している図形に対して寸法を記入するような場合とか、かなり遠い場所からの寸法を省略しつつ記入する場合とか。
そうした状況であれば、オートキャド(AutoCAD)上の数値と表示したい寸法値が異なるはずなので、文字編集コマンドで更新していくしかないと思います。

そうした特殊な場合を除き、オートキャド(AutoCAD)側が自動で記入してくれる寸法値を更新する事はあまりお勧めする事が出来ません。
これは自分だけでオートキャド(AutoCAD)の図面データを編集する訳ではない、という事も大きく影響をしています。

パッと見て同じ寸法線なのに実は手動で数値が上書きされていて、押さえる点を移動しても数値は変わらないとか。
それが自分で作図した訳ではない図面で連発されていたら、図面編集の効率は非常に悪くなるし、正確な図面を描くことも難しくなってしまいます。

そうした状態にならないようにする為に、やはり寸法値を変えたい場合には、数値を手動で変えるのではなく、押さえている点を移動していくやり方をお勧めします。
寸法線が押さえている点を移動すれば、オートキャド(AutoCAD)側が自動的に数値を更新してくれますから、結果的に数値は変わってくる事に。

そうすれば、その後寸法線が押さえている点を再度移動した場合でも、さらに寸法値は自動で更新してくれる状態になります。
これはオートキャド(AutoCAD)の寸法が持っている当たり前の機能なのですが…

やはり便利な機能を自分の手でなくしてしまうのは勿体ないので、寸法値を文字編集機能で更新することはやめておいた方が良いです。

とは言っても、全ての図面を自分で作図できる訳ではなく、他の方が作図した図面データを編集するような状況も仕事をしていればあります。
そして、他の方が作図したデータを見たら、寸法値が手動で更新されていた、みたいな状況も時にはあると思います。

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描くやり方はひとつではなく、人によって「こうした方が良い」と思うやり方は違います。
なので、私にとっては不便すぎるようなやり方であったとしても、そのやり方が良いと考えて作図されたデータというのは時々あるんです。

そうした場合、手動で更新された寸法値を元に戻したい、と思ってしまう事もあるはず。
その場合はどうするかというと…

・手動で更新された寸法をもう一度文字編集コマンドで編集

・更新する寸法値として数値を入力するのではなく <> と入力する

これで寸法値が再度押さえた点の位置によって自動的に更新されるようになります。
<> は半角の不等号で、なぜこの記号なのか? という疑問もありますが、そこは別に掘り下げなくても良いかなと思います。

こうした操作をすれば、一度寸法値が文字編集コマンドで更新された状態になったとしても、簡単に元に戻す事が出来ます。
人が作図したデータで、寸法値が勝手に書き換えられている状態だとしたら、今回紹介したようなやり方で元に戻しておいた方が良いと思います。

ただ、もしこうした手動更新された寸法が多い場合には、一つ一つを文字編集コマンドで更新するのは大変になってきます。
そうした状況であればプロパティ編集で変更した方が楽なので、次回はその具体的なやり方について紹介していこうと思います。

関連記事

  1. 寸法の尺度設定
  2. 寸法文字の移動
  3. 寸法スタイル管理
  4. 寸法値の設定
  5. 寸法の更新を使う状況
  6. 矢印の設定