• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

寸法スタイル管理(フィット)-2

オートキャド(AutoCAD)の寸法スタイルを設定する項目として、「フィット」タブの内容を前回からは紹介しています。
矢印の向きとか寸法値の位置などは、スペースに余裕がある場合は特に気にする事なく自動配置されるものですが…

図面を作図していく中では、結構狭い部分の寸法を表現していく必要がある場合が結構あって、そうした場合の設定も考えておく必要があります。
その場合には、前回も少し書きましたが「寸法矢印の形状はどれが適しているのか」という部分も含めて一度考えてみると良いと思います。

今回は引き続き「フィット」タブ内の設定を紹介していく事にします。

□寸法値の配置

オートキャド(AutoCAD)で寸法を記入すると、寸法値は基本的に寸法線の中央に配置されるようになっています。
設定を調整すれば別の場所にも配置する事が出来ますが、図面の基本は中央に配置ですから、特に問題ない場合は中央に配置した方が良いです。

ただし前回の設定でもあったように、寸法値よりも寸法記入の押さえ点の方が狭い場合は多く、その場合には寸法値を手動で移動して調整していく必要があります。
そうした寸法値を移動調整していく際に、どのような動きをするのが良いか。
この「寸法値の配置」項目ではそのあたりの動きを設定していく事になります。

それぞれの項目を見ていくと…

・寸法値を移動すると寸法線も移動

・寸法線を移動したときに引出線を記入

・引出線なしに寸法値を自由に移動

というような選択肢があり、これらの設定から最も適しているものを選択する事になります。

図面の見やすさを左右する項目として、寸法をどこに配置すれば良いのか、という要素があって、図面を描く側はそこを意識して見やすい図面を描いていきます。
そうした事を考えると、寸法値を移動する度に寸法線の位置が変わってしまうという、一番上の設定は少し扱いが難しいかなと個人的には思っています。

あとは寸法値を移動した際に引出線を表示するという項目ですが、これは実際にやってみるとこんな感じに表現されます。
ついでに「寸法値を移動すると寸法線も移動」の設定も試してみました。

寸法値を移動すると寸法線も移動した場合

これで何となくイメージは掴めるのではないかと思います。
少なくとも上図右側の寸法線を移動してしまう設定は、図面としてはあまり良い状態にならない事が伝わるのではないでしょうか。

最後の項目として「引出線なしに寸法値を自由に移動」という設定がありますが、これは先ほど紹介した引出線を記入した設定の引出線がないバージョンです。

比較してみるとこんな感じ。

引出線なしに寸法値を自由に移動した場合

引出線がある状態と、引出線なしの状態では、上図のサンプルだけを考えると引出線がなくても全然問題ないという感じになっています。
しかし図面の密度が濃くなってくると、どの寸法がどの寸法値なのかが分かりにくくなる場合もあって、そうした状況では引出線があった方が良い場合もあります。

なので、一概に「これが正解」とは言いにくいのですが、私の場合は大抵の場合引出線がない設定にしています。
そんな状態でも分かりやすくて見やすい図面を描く、というのがその主旨ではありますが、時々引出線があった方が見やすいと感じる場合もあります。

そうした設定はケースバイケースで買えていけば良いので、そこで「私は引出線がない方が好き」みたいな変なこだわりは持たない方が良いです。
こだわりを持つことは大事な事ではありますが、見やすい図面を描く為に設定は色々変える、というこだわりを持っておく事を当サイトではお勧めします。

関連記事

  1. 寸法設定は手間なのか
  2. 自動調整寸法機能
  3. 寸法文字の移動
  4. プロとしての評価
  5. 寸法の単位設定
  6. 0省略表記