オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

半径寸法記入(DIMRADIUS)

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図する際に、よく使われる寸法として水平垂直方向の寸法があります。
それ以外にも、場合によっては角度のついた寸法を記入する場面があるので、まずはこうした長さを記入する寸法を紹介しました。

長さ寸法記入で水平・垂直方向の寸法を、平行寸法記入で角度のついた寸法をそれぞれ記入する事が出来るので、大抵の場面で寸法記入に困ることはなくなるはずです。
こうした基本的な機能を踏まえて、今回からは少し特殊な寸法を紹介していこうと思います。

という事で今回紹介するのは半径寸法記入コマンド。
半径寸法という名前が付いているので、どこに使うかの説明は必要ないとは思いますが…この寸法は円または円弧の半径を記入する際に利用する事になります。

具体的にはこんな感じの寸法です。

半径寸法のイメージ

作図する図面の種類によって違ってきますが、長さ寸法などに比べると使用頻度は少し低めになるのではないかと思います。
ただし、使用頻度が低くなったとしても、全然必要ない寸法ではないので知っておかないと作図をする際に困るはず。

という事で、今回は半径寸法記入コマンドの流れを確認していく事にしましょう。

半径寸法記入コマンドがどこにあるかを確認してみると、長さ寸法記入の右側にある「▼」をクリックすると出てくるメニューの中に入っている事が分かります。

半径寸法記入コマンド

コマンドの開始方法をどうするかはちょっと悩みますが、図面によって違ってくる半径寸法記入の使用頻度によって対応を変えていくのが良いと思います。
あまり使用頻度が高くなければ、上図のボタンをクリックするやり方でも問題ありません。
私の場合はそれなりの使用頻度なのでコマンドエイリアスに割り当ててます。

DIMRADIUS 円弧または円を選択:

コマンドを開始すると上記のような表示が出て、半径寸法を記入したい円または円弧を画面上から選択する状態になります。
下図のようなサンプル図面の右上にある円弧に寸法を入れる場合、そのまま画面上から円弧を指定してあげればOKです。

円または円弧の選択

寸法値: 50
寸法線の位置を指定 または [マルチ テキスト(M)/寸法値(T)/寸法値角度(A)]:

円弧を指定すると上記のような表示が出て、画面上から寸法の位置を指定する状態になります。
寸法値として表示される数値は円または円弧の半径によって異なりますが、今回の場合は半径50mmの円弧なので50という表示が出ています。

半径寸法を記入する場所の指定

ただ、実際にやってみると分かりますが、半径寸法の場合は画面上のどこを指定しても、作図される半径寸法の形状は変わりません。
なので適当な位置を画面上から指定すれば、半径寸法の作図が完了します。

半径寸法のイメージ

半径寸法を記入する位置というのは、最初に円または円弧を画面上から指定する際に、円弧のどこをクリックしたかによって決まります。
これはコマンドを何度か試してみると掴めてくるので、円または円弧を指定する際にどこを選べば良いかが分かってくるはず。

半径寸法記入のコマンドは難しい要素も特にないので、何度が試しに作図してみたりすると、すぐにコツが掴めてくるのではないかと思います。
あとは自動的に配置された「R50」などの数値を、円の内側に入れた方が図面として見やすいかどうかを考えたり。

そのあたりを調整してあげれば、恐らく図面の見映えとしては特に大きな問題にはならないと思います。
半径寸法記入についてはこれで終わりにして、次回は似たようなコマンドではありますが「直径寸法記入」コマンドを紹介する予定です。

関連記事

  1. 少しずつ無駄を省いて進む
  2. 寸法更新の手順
  3. 角度寸法の記入
  4. 図面内の寸法
  5. 直径寸法記入
  6. 寸法の更新を使う状況