• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

半径寸法記入(DIMRADIUS)

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図する際に、よく使われる寸法として水平垂直方向の寸法があります。
それ以外にも、場合によっては角度のついた寸法を記入する場面があるので、まずはこうした長さを記入する寸法を紹介しました。

長さ寸法記入で水平・垂直方向の寸法を、平行寸法記入で角度のついた寸法をそれぞれ記入する事が出来るので、大抵の場面で寸法記入に困ることはなくなるはずです。
こうした基本的な機能を踏まえて、今回からは少し特殊な寸法を紹介していこうと思います。

という事で今回紹介するのは半径寸法記入コマンド。
半径寸法という名前が付いているので、どこに使うかの説明は必要ないとは思いますが…この寸法は円または円弧の半径を記入する際に利用する事になります。

具体的にはこんな感じの寸法です。

半径寸法のイメージ

作図する図面の種類によって違ってきますが、長さ寸法などに比べると使用頻度は少し低めになるのではないかと思います。
ただし、使用頻度が低くなったとしても、全然必要ない寸法ではないので知っておかないと作図をする際に困るはず。

という事で、今回は半径寸法記入コマンドの流れを確認していく事にしましょう。

半径寸法記入コマンドがどこにあるかを確認してみると、長さ寸法記入の右側にある「▼」をクリックすると出てくるメニューの中に入っている事が分かります。

半径寸法記入コマンド

コマンドの開始方法をどうするかはちょっと悩みますが、図面によって違ってくる半径寸法記入の使用頻度によって対応を変えていくのが良いと思います。
あまり使用頻度が高くなければ、上図のボタンをクリックするやり方でも問題ありません。
私の場合はそれなりの使用頻度なのでコマンドエイリアスに割り当ててます。

DIMRADIUS 円弧または円を選択:

コマンドを開始すると上記のような表示が出て、半径寸法を記入したい円または円弧を画面上から選択する状態になります。
下図のようなサンプル図面の右上にある円弧に寸法を入れる場合、そのまま画面上から円弧を指定してあげればOKです。

円または円弧の選択

寸法値: 50
寸法線の位置を指定 または [マルチ テキスト(M)/寸法値(T)/寸法値角度(A)]:

円弧を指定すると上記のような表示が出て、画面上から寸法の位置を指定する状態になります。
寸法値として表示される数値は円または円弧の半径によって異なりますが、今回の場合は半径50mmの円弧なので50という表示が出ています。

半径寸法を記入する場所の指定

ただ、実際にやってみると分かりますが、半径寸法の場合は画面上のどこを指定しても、作図される半径寸法の形状は変わりません。
なので適当な位置を画面上から指定すれば、半径寸法の作図が完了します。

半径寸法のイメージ

半径寸法を記入する位置というのは、最初に円または円弧を画面上から指定する際に、円弧のどこをクリックしたかによって決まります。
これはコマンドを何度か試してみると掴めてくるので、円または円弧を指定する際にどこを選べば良いかが分かってくるはず。

半径寸法記入のコマンドは難しい要素も特にないので、何度が試しに作図してみたりすると、すぐにコツが掴めてくるのではないかと思います。
あとは自動的に配置された「R50」などの数値を、円の内側に入れた方が図面として見やすいかどうかを考えたり。

そのあたりを調整してあげれば、恐らく図面の見映えとしては特に大きな問題にはならないと思います。
半径寸法記入についてはこれで終わりにして、次回は似たようなコマンドではありますが「直径寸法記入」コマンドを紹介する予定です。

関連記事

  1. 寸法の記入
  2. 長さ寸法記入の手順
  3. 寸法の更新を使う状況
  4. 寸法の単位設定
  5. 手動入力寸法を戻す方法
  6. プロとしての評価

Warning: Undefined array key "show_share_hatena_postlist" in /home/users/1/mktt77/web/autocad/wp-content/themes/nzero/functions/social.php on line 94