オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法スタイル管理(基本単位)-1

オートキャド(AutoCAD)の寸法スタイル管理設定の細かい話について色々と説明をしていますが、今回取り上げるのは「基本単位」というタブです。
設定の名前通りではありますが、ここでは寸法値の単位などについて細かい設定をする事が出来て、作図する図面によって色々と使い分ける事が出来ます。

全部の項目を説明すると長くなってしまうので、使用頻度が高いと思われる設定について幾つか紹介していこうと思います。
まずは寸法スタイル管理画面を出して「基本単位」タブに切り替えてみると、以下のような設定画面になっていることが分かります。

基本単位タブ

大きな分類をすると「長さ寸法」と「0省略表記」、そして「角度寸法」という項目に分かれている事が分かります。
まずは「長さ寸法」の項目でどのような設定が出来るのかを見ていく事にしましょう。

□長さ寸法

この項目では、長さ寸法を記入した際の寸法値をどのように表記していくのか、というあたりを設定していく事になります。
具体的には、数値の表現方法をどうするか、その精度をどのように設定するか、寸法値の前後に文字を入れるかどうか、などの設定です。

オートキャド(AutoCAD)では基本的に原寸で作図対象を表現していき、寸法も実際の距離をそのまま表現する、というのが基本としてあります。
なので、特別な作図のやり方をしない限り、この項目で設定した内容を変えるような状況というのはそれ程多くはないと思いますが…

ここで設定する項目によって寸法の見やすさというのは結構変わってしまうものですから、ちょっと面倒でも一度それぞれの項目について確認していく事をお勧めします。

・単位形式

この項目では寸法値の単位形式を設定します…って、それでは設定の項目名をそのまま言っただけで全然分かりませんよね。
単位形式というのはその数値をどのような単位で表現するか、という話なのですが、選択肢としては以下のような項目があります。

単位形式設定

ちょっとよく分からない
そう感じる方も多いのではないかと思いますが、一般的な図面を作図する方であれば「十進表記」に設定しておけば間違いありません。

それ以外の設定は特殊すぎて使う機会がないのではないかと思うし、実際私も色々な図面を描いてきましたけど、十進表記以外の設定を使ったことはありません。
十進表記というのはいわゆる「十進数」の表現で、9の次が10になるという極めて一般的な表現方法なので、それ以外の表現はちょっと特殊すぎるという事になると思います。

・精度

この「精度」の項目は、寸法値の小数点をどこまで細かく表示するかを設定します。
算数的な表現をすると「小数点第何位までを表現するか」という設定です。

精度の設定

この精度設定というのは、恐らく作図している図面の種類によって適切な設定が変わってくるのではないかと思います。

せっかくオートキャド(AutoCAD)で図面を描いているのだから正確無比に表現した方が良いのではないか、という意見もありますが…
そこまで正確な数値が本当に必要になるのか、という事を考えるのも大事なんです。

図面というのは何かを造る事を目的として、それを実際に造る前にまずは図面で表現してみる、という性格を持っています。
何を造るのか、というのは本当に色々あって、ダムや橋など本当に巨大なもの、建物などの大きなもの、そして精密機器のように小さなものまで様々です。

作図するものが多岐に渡る中で、寸法の表現が全て同じというのはやはり変なので、図面によってこの精度を調整していく為にこの設定があります。
建物の図面と精密機器の図面とでは、求められる正確さは恐らく全然違う事になると思います。

建物を造っていく中で「この壁位置は2190.259mmで…」と言われても、人の手ではそこまでの精度を出すことは出来ません。
そこまでの精度が必要になる場面もないので、自然と小数点の表現はあまり必要ないという感じになっていく事になります。

しかしもっと小さい精密機器を造っていく場合には、ある程度細かい数値と精度が求められる事になるはず。
そのあたりの違いを考えて、小数点をどこまで表現するかをここでは設定します。

全く小数点を表現しない設定にした場合、小数点は四捨五入されてしまうので、9.5が全部10と表現される事になります。
そうすると寸法の合計が食い違う事になってしまうので、一般的には小数点第二位くらいまでの表現で良いのではないかと思います。

関連記事

  1. 寸法と尺度の関係
  2. 矢印の設定
  3. 角度寸法の記入
  4. 寸法線の形状色々
  5. 寸法の更新を使う状況
  6. 半径寸法記入