• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

寸法値の文字について考える

オートキャド(AutoCAD)の寸法機能は色々な設定があって、時のはたくさんある設定が煩わしく感じる時もある。
前回はそんな話を取り上げました。

確かに設定が多いと何を変えれば良いのか、と思ってしまう場合があり、ちょっと面倒臭さを感じてしまう事もありがちです。
しかしオートキャド(AutoCAD)側が自動で記入してくれる寸法を、ある程度好みにあった見え方に調整したい場合には、やはり設定の項目が多い方が嬉しいはず。

寸法は記入してくれるけど見た目は変えられません、という機能もなかなかに潔い気もしますけど…もし本当にそうなったら相当不便だと思います。
そうした色々を考えていくと、結局は寸法を記入する際に色々な設定があった方がきっと良いのだということになるのでしょう。

今はどうなのか分かりませんが、少し前にとある3CADを使って仕事をする機会がありましたが、機能が少なくてやりたい事が全然出来なくて大変困りました。
機能がありすぎて困る場合は調べれば解決するのですが、機能がありません状態だと操作する側としてはもう何も出来ないんですよね。

まだそれが趣味でやってるお絵かきだったら諦めるだけの話なんですけど、仕事で使って期限が決まっている場合にはかなり厳しいものがあります。
なので、「機能が多すぎて何がなんだかよく分からん!」というのは、きっと贅沢な悩みなのだと思います。

さて、そんな細かいオートキャド(AutoCAD)の寸法についての話を進める前に、まずは寸法を記入すると表示される文字について考えてみることにしましょう。

寸法が記入された状態

前回までの説明でも登場している図面ですが、寸法を記入したい点を指定すると上記のような寸法が自動で作図されます。
ここで表示される文字については、どのようなフォントを使うかとか、寸法線からどの程度離して表示するかなど、色々な設定が可能です。

そうした設定については追々紹介していく事にして、まずは寸法値として表示する文字がどのような状態になっていると良いのかを考えてみると…

・まずは読めるサイズが大前提としてある

・文字同士が重なると読みにくいので適切な大きさが良い

・縦長の文字でも意外に読める

・フォントは特に気にしないけど読みやすさを重視

というような感じの文字が私の経験上は良いと思います。
これではちょっと漠然とした感じがしてしまうので、ここでもう少し具体的な数字やフォント名などを出してみると…

・文字サイズは印刷した状態で2.5mm~4mm程度が読みやすい

・縦長の方が配置しやすいので縦横比は0.7程度が使いやすい

・フォントはゴシックなどではなくCADフォントでOK

・具体的にはSHXフォントがsimplexでビッグフォントがextfont程度

これらの項目は、あくまでも私が仕事でオートキャド(AutoCAD)を使っている際の設定に近いものでお勧めしているだけではあります。
でもこのくらいの設定で仕事として成り立っている訳ですから、これらの項目を満たしていれば寸法の文字として苦情が来ることはないと思います。

寸法というのは二点間の距離を数字で説明するもの。
なので、その数字が小さくて読めない状態になるとか、重なってしまい読めない状態になるとか、そうした「そもそも」な状態が最も困るんです。

まずは最低限「読める数字」になるような設定をしていく中で、上記のような設定条件を守っていけば良いのではないかと思います。
具体的な設定については今後色々と説明していく事にしますが、まずは寸法記入した際に表示される数字が読めないとダメ、という基本をここでは覚えておきましょう。

次回はもう少し具体的な寸法の設定をする為に、寸法スタイル管理について説明をしていこうと思います。

関連記事

  1. 寸法線と寸法補助線の色
  2. 0省略表記
  3. 寸法更新の手順
  4. 寸法の単位設定
  5. 寸法記入の基本
  6. 寸法の尺度設定