オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法の設定は面倒なものなのか

オートキャド(AutoCAD)で寸法を記入すると、指定した二点間の距離をそのまま自動で記入してくれる、という話を前回は取り上げました。
コンピュータを使って図面を描いているのだから当然と言えば当然の機能ではありますが、やはりこれは非常に便利な機能だと思います。

正確に作図出来るというのは大きなメリットのひとつだと言えるでしょう。
まあちょっと頭が硬くて困るというシーンもありますが、こうした特徴を含めてのオートキャド(AutoCAD)です。

少なくとも寸法を正確に記入する事が出来るというのは大きなメリットなので、まずは操作に慣れてその便利さを存分に使いこなしていきましょう。

もちろん、そうした便利さを享受する為には幾つかの設定について知っておく必要がありますが…
この便利さを当たり前のように使いこなせるのであれば、色々な設定を覚えておく価値はあると私は考えています。

オートキャド(AutoCAD)には色々な設定があって調整が必要になるのは事実です。
しかし寸法をひとつ記入する度にそうした設定が必要になる訳ではなく、もう最初に設定しておけばそれで済んでしまう話です。
それを面倒だと言うのは少し楽をしすぎではないかと思います。

時々ですが、こうしたオートキャド(AutoCAD)の設定が面倒で仕方がない…というような意見を聞く機会があります。
手描きの方が自由度が高くて便利だった、というような意見で、元々手描きで図面を描いていた方に多いような気がします。

もちろんこれは私の経験した事だけで書いているので、全体的にそういった傾向にある訳ではないと思いますが…
こうした話を聞く機会は一度や二度ではなかったので、ある程度そうした意見もある事は間違いないかなと感じています。

確かにオートキャド(AutoCAD)特有の面倒くさい設定というのは確かにあるので、そうした意見にも一理あるとは思います。
しかしCADの設定が面倒という事がそのまま、その反対にある手描きのやり方が便利だという話に繋がるのは少しおかしいというか違うというか。

手描き風が非常に便利なのであれば、オートキャド(AutoCAD)で寸法機能を使わずに、線と円と文字を使って寸法を記入することも出来ます。
でも実際にそうした操作をやってみると、もう全然不便で話にならない事が分かります。

せっかくオートキャド(AutoCAD)側で寸法値を自動で記入してくれる機能があるのに、なぜわざわざ人力で数字を入れないといけないのか。
オートキャド(AutoCAD)に慣れている方であれば、ほぼ間違いなくそうした気持ちになるのではないかと思います。

コンピュータが得意なのは、正確な計算が出来る事と、何度も同じ事を繰り返しても飽きずに正確さを保持出来ることです。
画面上で指定した二点の寸法値を正確に記入し続ける、という作業はやっぱりコンピュータ向けの作業なんですよね。

人間がやると、まずは計算間違いがあるし、何度も何度も同じ事をやっているとイヤになってきて「もっと楽なやり方はないか」という事を考え始めます。
それがまさに人間の優れたところでもあるので、それを捨てて正確さをコンピュータと競っても絶対に勝つことは出来ません。

計算機を相手に暗算の速さと正確さを競うようなもので、さすがに絶対勝ち目がないのは分かると思います。
要は人間とコンピュータそれぞれが得意分野で力を発揮すれば良い訳で、こうした分野はオートキャド(AutoCAD)に任せた方が良いという話でした。

先ほども書きましたが、面倒な設定をするのは毎回ではなく、恐らく最初だけになるはず。
そうした設定をすれば、後はオートキャド(AutoCAD)がよろしくやってくれるので、設定の労力をかける価値は充分にあると思います。

関連記事

  1. 寸法の記入
  2. 直径寸法記入
  3. 寸法の手動記入を一括で元通りに
  4. 見た目の統一感
  5. 寸法の単位設定
  6. 0省略表記