• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

AutoCADでの寸法記入

寸法の形状を統一するのか、という話を含め、前回までは主に寸法線の見た目について色々と考えてみました。
一度オートキャド(AutoCAD)で試してみるとよく分かりますが、寸法の形状を黒丸にするか開矢印にするかで結構図面の印象は変わるものです。

色々やってみると自分の好みの設定などが出てくるので、実際にオートキャド(AutoCAD)を操作しながら試してみる事をお勧めします。
ただ、こだわりすぎると人の描いた図面が気に入らなくなるなどの弊害があるので、ほどほどにしておくのが無難ですが…

今回は寸法の形状ではなく、寸法線のメインである数字について考えてみる事にします。

寸法の記入例

上記はシンプルな形状の図形に寸法を記入した例で、黒丸の寸法を採用しています。
しかし寸法線で重要なのは黒丸なのかどうかではなく、寸法値として記入されている数字であり、この数値が寸法のキモになってくる訳です。

オートキャド(AutoCAD)では作図する対象をそのままの大きさで表現していく、という考え方があります。
直径8mmのネジであれば8mmで作図していくし、100m×50mの建物はやはりその大きさで作図していく、という考え方です。

そんなに大きさの違う作図対象をどのように一枚の紙に納めていくのか、という疑問があるかも知れませんが、その為に「縮尺」という概念があります。
このあたりの話は少し長くなってしまうので、改めて縮尺について説明する際にど詳しく取り上げていこうと考えています。

まずは「オートキャド(AutoCAD)では作図対象をそのままの大きさで作図する」という事をここでは覚えておくことにしましょう。
この考え方を適用すると、先ほど紹介したシンプルな図形も、実施に15cm(150mm)×10cm(100mm)で作図している事になります。

ここまでは特に問題ないと思いますが、こうして作図した図形に寸法を記入していく際に、実際どのような感じになるかというと…
一般的に寸法を記入する際には、寸法を記入したい二点をオートキャド(AutoCAD)の画面上から選択する事になります。

寸法を記入したい二点を指定

上記図形の横方向の寸法を記入する場合は、上記のように寸法を記入したいポイントを画面上から二点指定していきます。
そうすると、二点間の寸法線が記入出来る訳ですが、その寸法線をどこに配置するかをさらに画面上から指定する状態に。

寸法線を配置する場所を指定

そこで任意の点を画面上から指定すると…

寸法が自動で記入された状態

このように寸法が記入されました。
上記で記入された150という数字は、オートキャド(AutoCAD)側で自動計算して記入してくれるので結構便利です。
と言うことで、オートキャド(AutoCAD)の寸法値について簡単にまとめると…

・オートキャド(AutoCAD)では作図対象をそのままの大きさで作図する

・寸法線を記入するとその数字を自動で計算して表現してくれる

というような事になって、慣れるともう当たり前になるのですが、これはかなり便利な機能ではないかと思います。
手描きの場合と比べるのもアレですが、手描きでは紙のサイズに納まるように縮小して作図して、その数値を自分で書き入れる必要があったので…

それに比べるとやっぱり正確だし、なにより楽です。

しかも寸法値である数字をきちんと中央に配置してくれるというサービス付き。
もちろん混み合っている図面では数字が中央に配置されていると読めない、という状況も出てきたりはしますが、文字を中央に配置するのは寸法の基本です。

そうした色々をオートキャド(AutoCAD)側でやってくれるというのは、やっぱり作図する側にとっては便利ではないかと思います。

関連記事

  1. 寸法スタイルのフィット設定
  2. 寸法値の文字編集
  3. 寸法値の設定
  4. 寸法値の文字
  5. 寸法スタイルのフィット設定
  6. 寸法設定は手間なのか