• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

操作を覚えた先にあるもの

長さ寸法記入コマンドと直列寸法記入コマンドを使い分ける事によって、オートキャド(AutoCAD)での作図効率を上げていく。
ちょっと地味な話というか、かなり細かい話になってしまいましたが、前回はコマンドを使い分ける理由とあわせてそのあたりについて考えてみました。

作図の効率を上げていくのは何のためかをここでもう少し考えてみると…
作図の効率化を図ることによって操作の無駄を減らし、仕事でオートキャド(AutoCAD)使う際のスピードを上げる事が出来る、というのがまずはあります。

その結果として、オートキャド(AutoCAD)を使って仕事をする自分の評価が高くなる。
評価が高くなる事によって、例えば収入の面で少し有利になったり、あるいはもっと条件の良い企業に転職する事が可能になったり。
というは少し理想的過ぎる話ではありますが、このあたりがまず目的としてあります。

プロとしての評価

こんな表現をすると、何となく自分の事だけを考えているような、かなり自己中心的な目的でオートキャド(AutoCAD)を覚える感じになりますが…
オートキャド(AutoCAD)を使うプロとして評価が高くなる事は、評価が低いよりも有利である事は間違いありません。

スキルが高い人に仕事を頼みたいと考えるのはビジネスとして当然のことで、プロであれば「この人に仕事を頼みたい」と思われるような人を目指すのは自然な事です。
それに、自分のスキルを高めたからと言って、それが他人を蹴落とす事につながる訳ではないので、そこは自分の事を考えても良いと思います。

自分のスキルが高くなれば、周囲の人にその知識ややり方などを伝える事が出来るし、逆に教えてもらう事もあるはず。
そうして周囲にいるメンバー全体がスキルアップしていく、というのがチームとして理想的な流れになるのではないかと思います。

これはもう一人で黙々と仕事をしている状況では出来ない事で、企業として複数の人数で仕事をする意味はこのあたりにもあるものです。
という感じで「なぜオートキャド(AutoCAD)を覚えるのか」について色々と私の考え方を書いてみました。

もちろんこれは一つの意見でしかありません。
でも、オートキャド(AutoCAD)の操作を覚えて効率化を進める事が、最終的にどこに繋がっていくのかを意識するのは大事な事だと思います。

「何のためにそれをやるのか」という目的が明確になっていると、目的が明確になっていない人よりも優れた結果を出すことが出来ます。
具体的には、人よりも早くオートキャド(AutoCAD)を覚える事が出来るはず。

もう少し言うと、「なぜそれをやるのか」という動機付けが明確になっているとさらに良くて、これがあるかないかによってさらに差が大きく付く事になります。
これはオートキャド(AutoCAD)の操作を覚える事に限った話ではなくて、あらゆる事に共通して言える一般的な話ではありますが…

当サイトを読んでオートキャド(AutoCAD)の操作を覚えつつ、操作を覚える目的についても深く考えてみる事をお勧めします。
このあたりの話は、その人の年齢や置かれた環境によってそれぞれ違ってくるもので、当サイトで「こうですよ」と言えるような話じゃないんですよね。

なので、自分でそのあたりは考えていくしかありません。
そんな一つの参考例として、私の場合はどんな感じだったのか、というあたりの話をいつか詳しく書いていくつもりですが、それはもう少し後にします。

という事で、オートキャド(AutoCAD)の操作を一通り覚えつつ、その目的などについても少し意識して見る事をお勧めします。
ちょっと話が逸れてしまいましたが、次回は寸法線についての話に戻ります。

関連記事

  1. 寸法線の形状色々
  2. 寸法の単位設定
  3. 予想外の結果になる場合も
  4. 直列寸法記入
  5. 寸法線と寸法補助線の色
  6. 角度寸法の設定