オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法と縮尺の関係

今まで色々な説明をしていく中で何度も取り上げているとは思いますが、オートキャド(AutoCAD)は作図対象をそのままの大きさで作図していきます。
例えばそれが建物などの大きな構造物であっても、ネジ程度の小さな機器であってもそれは同じで、全てそのままの大きさで表現をします。

そうしないと、作図する際にその都度長さを計算する必要があって、恐らく非常に効率の悪い作業になってしまうはず。
そうならない為にも、作図対象をそのままの大きさで表現していくというのは、ごく自然な事ではないかと思います。

ただし図面というのは紙に印刷して使うもの。
もう少し技術が進歩したら、全てタブレットで図面を見るようになるとは思いますが、そうなるまでにはもう少し時間がかかるでしょう。

そのままの大きさで作図するオートキャド(AutoCAD)であっても、紙に印刷する事を意識した作図がどうしても必要になってきます。
つまり、そのままの大きさで作図した図形であっても、図面として利用する為には用紙に納まるように一定の尺度で縮小する、という考え方です。

この考え方が縮尺と呼ばれるものです。

例えば印刷する際に1/100の大きさで印刷した場合、その図面の縮尺は1/100という事になって、例えば1m(1000mm)は1cm(10mm)で表現される事になります。
1/100に縮小しないと用紙に納まらないくらいなので、そうした縮尺はある程度大きな作図対象を表現する際に利用されます。

印刷する際にある程度決められた倍率で縮小する、というのがオートキャド(AutoCAD)の縮尺についての基本になります。
今回はこれを踏まえつつ、寸法の縮尺設定について考えてみる事にします。

文字サイズと縮尺の関係について説明した時と同じような話になりますが、どんな大きさで寸法を記入するのか、というのは図面の縮尺に大きく関わっています。
図面を構成する要素として寸法は非常に重要な役割を担っているので、図面を印刷した際に読めない状態では困ってしまいますよね。

そうならない為にも、今作図している図面の縮尺がいくつなのか、つまりどんな倍率で縮小して印刷するのかを把握しておく事が重要になってきます。
どのような縮尺の図面であっても、図面として用紙に印刷された状態では文字サイズが同じというのが見やすい図面の基本。

その為には、縮小される倍率を把握しておき、縮小された状態で同じ大きさになる事を意識した設定をしておく必要があるんです。
そのあたりを考慮していくと、図面の縮尺によって寸法の大きさが変わってくるという事がイメージ出来てくるのではないかと思います。

このあたりの設定は寸法スタイル管理について説明をしたときにも出てきました。
図面の縮尺によって寸法の大きさを変えるという事はつまり、図面の縮尺ごとに寸法スタイルを作っていくという事を意味します。

縮尺毎に寸法スタイルを作成

上図は寸法スタイル管理画面で、「S3」であれば縮尺1/3の図面、という感じで図面の縮尺ごとに寸法スタイルを分けています。
説明をする為に色々変な寸法スタイルを作成していますが、その場合でも基本の縮尺をまずは寸法スタイル名につけて、その後ろにどんな寸法なのか説明を記入しています。

図面の種類や密度にもよりますが、寸法値の文字サイズは印刷した状態で2.5mm程度が一般的な大きさになっています。
寸法値のサイズは寸法スタイル管理の「寸法値」タブで設定が出来ます。

寸法の文字高さ

これは印刷した際の文字サイズで、どんな縮尺で印刷するかを設定するのが「フィット」タブ内にある「全体の尺度」という項目。

寸法の全体尺度設定

上図は縮尺1/3用の寸法なので、全体の尺度は「3」に設定しています。
ここを変えるだけで寸法の大きさが変わってくるので、基本的な設定は全て統一しておき「全体の尺度」を変えてそれぞれの縮尺に対応していく、という使い方が便利ではないかと思います。

関連記事

  1. 角度寸法の設定
  2. 直列寸法記入
  3. 寸法の単位設定
  4. 0省略表記
  5. スキルの差
  6. 矢印の設定