• 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

自動調整寸法を利用する際の注意点

前回はオートキャド(AutoCAD)に便利な機能として、移動された図形に合わせて寸法線が自動的に調整される「自動調整寸法機能」を紹介しました。
これはもうCADならではの機能ではないかと思います。

寸法を記入する際には、寸法値の計測などは自動的にCADがやってくれるので、作図する側としてはかなり楽をする事が出来ます。
コンピュータは計測した数値を間違って表示するなどの間違いを絶対にしないので、作図が効率化されるだけではなく、正確さという意味でも非常に有り難い機能です。

そうした機能を元々持っている訳ですから、変更した際にも自動的に寸法値を調整してくれる、というのはごく自然な事なのかも知れません。
ただ、オートキャド(AutoCAD)が自動でやってくれるとは言っても、全部をおまかせにしてしまうのは危険な事でもあります。

CADが自動でやってくれた結果が思わしくない…

という状態になってしまうと、それは「自動でやってくれる」ではなく「勝手にやってしまう」というニュアンスになってしまいます。
そんな残念な状況にならない為にも、今回は自動調整寸法を活用する際に気をつけておきたい部分などを考えてみたいと思います。

・自動調整寸法に出来るのは基本的に最初だけ

自動調整寸法というのは、寸法線を決められたポイントに固定しておき、そのポイントが移動された時に一緒についていくという機能です。
そうした性質を持っているので当然ですが、寸法を記入する際に「このポイントに合わせて移動していく」という点を指定する必要があります。

いくら自動で調整してくれるとは言っても、どこに合わせて調整していくのかを指定するのは作図する側の役目。
また、そのポイントを指定出来るのは基本的に寸法を記入する時だけ、という事をまずは知っておく必要があります。

自動調整寸法になっていない寸法線を自動調整寸法に再割り当てする、という機能をオートキャド(AutoCAD)では用意してくれてますが…
まずは自動調整になっていない寸法線を指定して、どのポイントに合わせるのかを画面上から指定して…という感じで結構手間がかかります。

結局もう一度寸法を記入した方が早い、というような手間になるので、基本的には最初に自動調整寸法にしておくしかありません。

自動調整寸法機能をONに

なので、自動調整寸法機能を活用するのであれば、上記の「新しい自動調整寸法を作成」にチェックを入れておくのを忘れないようにしましょう。

・思わぬ動きをする場合も…

自動調整寸法に設定されている寸法線が、実際にどのポイントに合わせて動くのか、という設定をオートキャド(AutoCAD)の画面上から読み取る事は出来ません。
つまり、きちんとコントロールが出来ない場合には「よく分からないポイントに合わせて勝手に寸法が移動してしまう」という状況になってしまいます。

予想外の結果になる場合も

これはもちろん作図する側がコントロールすべき事ではあります。
しかし仕事では全ての図面を自分で作図する訳にはいかず、例えば人が作図した図面データを編集する事も結構多いものです。

自動調整寸法をあまり意識しないで作図されたデータを編集する事になって、寸法線が思わぬ動きをしすぎて苦労する可能性も。
一度おかしな状態で図面データが構築されてしまうと、編集する側はもう為す術がないというのが正直なところではありますが…

見えないところでこのような設定になっているとデータを受け取る人が苦労する事もある、という事は知っておいた方が良いと思います。
他人が作図した図面データを編集するのは大変、というのはこの設定に限った話ではありませんが…

出来るだけ誰が編集しても問題ないようなデータ構成にしておきたいものです。

関連記事

  1. 寸法文字の移動
  2. 寸法の単位設定
  3. 図面内の寸法
  4. 寸法線と寸法補助線の色
  5. 角度寸法の記入
  6. 寸法値の設定