オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法スタイル管理(フィット)-3

今回も引き続きオートキャド(AutoCAD)の寸法スタイル設定として、「フィット」タブ内の設定を色々と取り上げていこうと思います。
今回設定していく内容は、図面の縮尺に合わせて寸法スタイルを設定していく為の、最も重要な項目になるはずです。

と言ってもそこまで複雑な話は出てこないですけど…
縮尺についての考え方をおさらいしながら、寸法図系の尺度を設定してみる事にしましょう。

□寸法図形の尺度

ここでは寸法の設定をどのような尺度で表現するかをコントロールしていきます。
下図では今まで色々と設定してきた内容を、尺度3で設定しているのが分かります。

寸法の尺度設定

設定出来る項目としてはそれほど多くなくて、ひとつは「異尺度対応」にチェックを入れるかどうかを設定する項目があります。
そしてもう一つが以下の二択。

・レイアウト尺度を適用

・全体の尺度

当サイトで推奨する設定は「全体の尺度」を選択して、そこでその寸法スタイルをどんな縮尺で利用するのかを決めて、その縮尺を入力するというもの。
上図の「尺度3」というのは、要するに縮尺1/3の図面で綺麗に見える寸法設定という事を意味しています。

縮尺1/3の図面では、印刷する際に作図した内容を1/3に縮小するので、文字や寸法値などはあらかじめ3倍に大きくしておく必要があります。
印刷した図面で寸法値の高さが2.5mmになる訳ですから、作図している段階では2.5mm×3=7.5mmで表現しておけばOKという事に。

そうした設定は色々と面倒ですが、この尺度に「3」と入力しておけば、自動的に矢印や寸法値のサイズを3倍にしてくれます。
なので、今までの色々な設定は、印刷結果の数値として分かりやすく設定をしておき、この尺度項目でそれぞれの縮尺にマッチした数値に修正していく事になります。

これは自分で計算して設定をするよりも全然便利で分かりやすい。

なので、ちょっと慣れるまではあまり分かりやすく感じないかも知れませんが、こうしたオートキャド(AutoCAD)の動きをまずは覚えてしまう事をお勧めします。
慣れれば全然違和感なく作図を進めていく事が出来るはずですから。

レイアウト尺度を適用する、という設定を選択する方法もあるので、ここで簡単に紹介しておくと、こちらの設定にすると作図する寸法は基本的に1/1のサイズになります。
1/1サイズの寸法になるので、モデル空間で記入するのはちょっと難しく、レイアウト空間で寸法を記入する場合に限りこちらの設定が採用出来る感じです。

ただしレイアウト空間では既に作図した図形を縮小しているので、そのまま寸法を記入すると縮小したサイズの数値が出てしまいます。
それでは困るので、レイアウト空間内でビューポート内に入って作業する際に、文字の大きさが適切な設定になる、という設定になっています。

………

全然上手いこと説明出来ていませんが、これはいずれレイアウト空間とモデル空間の概念について説明をする際に、改めて詳しく説明をしようと思います。
当サイトでは基本的にモデル空間に寸法を記入する事をお勧めしますので、設定としては「全体の尺度」を選択して、そこに縮尺を記入していく方が便利だと考えています。

もう一つの設定として「異尺度対応」という項目があるので、この設定がどのようなものなのかを考えてみると…
そもそも異尺度対応って何なのか、という話になってしまうと思いますが…

これについてはビューポートやモデル空間について説明する際に、改めて詳しく説明する事にします。
異尺度対応の概念は非常に便利だと私も思っていますが、寸法スタイルの設定では、この設定にチェックを入れない方が良いかなと思っています。

関連記事

  1. 寸法設定は手間なのか
  2. 直径寸法記入
  3. 少しずつ無駄を省いて進む
  4. 寸法線の設定
  5. 寸法文字記入の注意点
  6. 寸法スタイル管理