オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法線と寸法補助線の設定

前回はオートキャド(AutoCAD)の寸法線設定という事で、寸法スタイル管理の設定をいくつか紹介しました。
寸法線と寸法補助線の色や線種を設定したり、寸法を記入する対象からどの程度寸法補助線を離しておくのかなど、結構細かい設定がありました。

こうした設定は図面の見た目に大きな影響を与えるので、前回の最後にも少し書きましたが、あまりこだわりすぎない程度に微調整していく事をお勧めします。
ちょっと言ってることが矛盾していく感じもしますけど…

設定に全然こだわらないのも困るし、逆にこだわりすぎると面倒くさい人になるので、やっぱりバランスが大事ではないかと思います。
そう書いている私自身はやや「面倒くさい人」側にいる自覚があるので、こだわりすぎて苦労した経験が結構たくさんあります。

だから余計に、あまりこだわりすぎない事を伝えたいと思いました。

今回はそんな話を踏まえて、寸法線と寸法補助線の設定がどんな感じになっているのが良いか、というあたりを簡単に紹介していく事にします。
もちろんここで紹介するのはあくまでも私の好みですから、それが正解という話では残念ながらなくて、ひとつの選択肢という感じで読んで頂ければと思います。

まずは寸法線と寸法補助線の線種と色について。

当サイトで説明しているサンプル図面では寸法値を含めて全てグレーを採用していますが、実際は寸法値と違う色に設定した方が良いと考えています。
どんな印刷設定を使っているかによって適切な色は違ってくるので、具体的に何色が良いかをここで紹介することは出来ませんが…

寸法値:中線(0.15mm程度で印刷)

寸法線・寸法補助線:細線(0.05mm程度で印刷)

という感じで色を分けた方が、完成した図面は読みやすい状態になります。
図面で表現される線には色々な意味合いがありますが、切断された面を表現する線は太く、見えている線はそれよりも細い線で表現するというお約束があります。

こうして線の太さに気を遣っていくと、見えてくる線の太さと寸法補助線の太さが同じではちょっと…という気持ちになってくるものです。
寸法線や寸法補助線はあくまでも説明用の線なので、切断された面や見えてくる線と同じ表現をするのは少し変なんです。

これは細かい話ではありますが、割とまっとうな意見のはずなので、一度色を変えて印刷した結果を確認してみる事を当サイトではお勧めします。
また、それと同じような話として、起点からのオフセット設定にも気を遣った方が良いです。

基点からのオフセットを0にした場合

上図のように起点からのオフセットを0に設定すると、寸法を記入したい対象と寸法補助線が繋がってしまいます。
これは設定項目の特性上仕方がない事ですが、これではどの線が図面を構成する要素で、どの線が寸法なのかが分かりにくくなってしまいます。

上図では色を分けているので分かりますが、実際に図面を印刷する際にはどちらも黒で印刷される事になるはず。
なので、少なくとも起点からのオフセットは1mm程度に設定しておく事をお勧めします。

補助線延長長さの設定は、矢印なのか黒丸なのかで適切な設定が変わると私は思っています。
黒丸であれば特に寸法補助線を伸ばさなくても良いし、矢印であれば1mm程度延ばした方が見やすいような気がします。

こうした設定には当然好みがありますから、まずは色々設定を変えて試してみた方が良いです。
ただしこれをオートキャド(AutoCAD)の画面上で試してみる為には、そもそもどの設定がどこに影響を与えるのかを知っておく必要がある。

やはりまずは知識が必要という事なので、ここで紹介する設定を一通り読んでから試してみる事をお勧めします。

関連記事

  1. 寸法文字の移動
  2. 寸法更新の手順
  3. 平行寸法記入の手順
  4. 寸法の記入
  5. 手動入力寸法を戻す方法
  6. スキルの差