オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ポリライン(PLINE)

前回はオートキャド(AutoCAD)の機能として、楕円を作図するコマンド「ELLIPSE」を紹介してみました。
実際に考えてみるとあまり頻繁に使う訳ではない感じにはなってしまいましたが、それでも楕円がないと困るシーンもあるので、一通りやり方を覚えておきたい機能です。

今回は引き続き作図系の機能の説明を続ける事にしますが、線と円と円弧と楕円で図形としては一通りという感じもあります。
恐らく今まで紹介した機能だけを使って、一通りの図面を作図する事は可能ではないかと思います。

作図機能の色々

しかし、最低限の機能だけをざっと覚えてしまい、その機能だけを使って作図を進めるというのは、プロとしてはちょっと避けたい行動です。
図面を作図する為に便利な機能をオートキャド(AutoCAD)は色々と用意してくれているので、そうした機能を使いこなして作図を進めていく。

これがオートキャド(AutoCAD)のプロに求められる仕事だと思います。

と言うことで、今回紹介する作図系の機能はポリラインと呼ばれる機能で、これはちょっと手描きにはない概念という感じになっています。
手描きにはないと言うことは、CADならではの便利な機能という可能性もあるので、というか実際にそうなので、今回はそのあたりを紹介していく事にします。

ポリラインというのは、見た目は単純な線分と全然変わらない状態になっていて、作成した要素を選択してみないと違いが分からなかったりします。
ぱっと見だとと全然どちらが線分でどちらがポリラインなのか、区別が付きませんが、実際に要素を選択してみるとその違いが分かります。

線分とポリラインの違い

上図のように、複数の線分がひとつの要素として固まっているのがポリラインの特徴で、この特徴によって色々なメリットが発生してきます。
具体的にどのようなメリットがあるかというと…

・複数の線分をひとつの要素にすることが出来るので管理が楽

・線の太さを指定する事が出来る

・囲まれた部分の面積を算出することが出来る

という感じで、線分にはない機能を色々と持っているのがポリラインなんです。
図面を構成する全ての線をポリラインで作成する必要はありませんが、上記のメリットを生かせそうな部分は積極的にポリラインを使っていくと、作図が効率的になってきます。

どのようなシーンでポリラインを使っていくのか、というあたりの話は少し後で紹介することにして、まずは実際にポリラインを作成する手順から説明していきます。
リボンからポリラインのボタンを探してみると、線分の隣に大きく表示されている感じになっていて、まずまず重要な機能だという事が分かります。

ポリラインコマンドの場所

ボタンをクリックすると、まずは以下のような画面が出てきます。

ポリラインの作図前

これはもう線分の時と全く同じ手順になっているので、ポリラインの開始点を画面上から指定してあげるところからスタートです。
もしくは座標入力でもOKですが、今回は時に縛りがないので画面上をクリックしてみます。

ポリラインの二点目を指定

次はポリラインの二点目を指定する状態になるので、ここは直交モードとキーボードからの数値入力を使ってこんな感じに線を引いてみました。

多角形を作図してみた

この状態であと一本だけ線を引けば図形が閉じる状態ですが、ここでコマンドラインを見るとこのような表示になっています。

ポリラインの作図中

ここで「閉じる」を選択したいので「C」を入力して「Enter」キーを押せば、こんな感じでポリラインが閉じてコマンドは完了します。
どこか線を一本だけ選択してみると、こんな感じで全部がひとつの要素になっている事がわかります。

ポリライン作図完了

これがポリラインという要素になっている訳ですが、これを実際どのように活用するうのか、というあたりについては次回にもう少し詳しく説明をしていきます。

関連記事

  1. 塗り潰しのイメージ
  2. 円の作図方法
  3. ワイパーも意味合いは同じ
  4. 上には上がいる…
  5. 図面内に表現される文字
  6. 仕事で使えるの定義は難しい…