オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ポリラインの活用方法

前回はオートキャド(AutoCAD)の機能としてポリライン(PLINE)の概要と、その具体的な操作方法について説明をしてきました。
線分で作成した図形と見た目は全然変わらないのですが、データ上で触れてみると一体になっている事が分かる。

という感じになっているポリラインですが、もちろん一体になっている事だけが特徴という訳ではありません。
そこにはわざわざポリラインで作図する大きな意味があって、前回も紹介しましたが、以下のようなメリットがあります。

・複数の線分をひとつの要素にすることが出来るので管理が楽

・線の太さを指定する事が出来る

・囲まれた部分の面積を算出することが出来る

面積の計算

今回はこうしたポリラインが持っているメリットを、前回作成したポリラインを使って色々と紹介していこうと思っています。

□複数の線分をひとつの要素にすることが出来るので管理が楽

これは前回の説明でも少し触れましたが、ポリラインは線分と違って複数の線を一つのポリラインとして構成する事が出来ます。
単純な折れ線を作図するだけではなく「閉じている多角形」を作図する事が可能というあたりがポリラインの大きな特徴になっています。

複数の線を一つの要素として扱う事が出来るというのは、移動する際に選択もれがなくなるなど、作図する際に結構大きなメリットがあります。
また、まだ紹介していない機能ではありますが、指定した距離の平行線を作成するオフセット機能を使う際に、一気にオフセットが出来るというのも便利です。

ポリラインをオフセットした場合

線分の場合とポリラインの場合とで、オフセット機能を1回使った際に、どのような違いがあるのかは上図を見て頂ければ分かると思います。
これは場所によってはかなり便利に感じるはずです。

□線の太さを指定する事が出来る

オートキャド(AutoCAD)では基本的に、印刷時にどの程度の太さで線を印刷するかを色によってコントロールしています。
白い線は太線で印刷されるから…というような事を意識しながら作図をしていくのは、CADで作図をしている方であれば普通の事だと思います。

しかしポリラインを使うと、色がどの設定であっても、要素自体に太さを持たせる事が出来るという特徴があるんです。

太さ設定をしたポリライン

このように、太さを自由に設定出来る事になっていて、これによって部分的に強調したい部分などを簡単に目立たせる事が出来ます。
あんまり乱用すると効果が薄くなってしまいますが、そのあたりは作図者のセンスが問われる部分ではないかと思います。

□囲まれた部分の面積を算出することが出来る

これは結構大きなメリットで、指定した範囲の面積を正確に一瞬で算出出来るというのは、やはりCADならではの機能だと言えるでしょう。
先ほど例に出した形状の寸法を入れてみると、以下のような感じになるので、これを元に面積を計算することも充分可能ではあります。

面積の算出確認

(150×150)-(50×50)= 20000 という計算が出来るので、面積は20000平方ミリメートルという事になるのですが…
これがポリラインで作図されている要素であれば、オブジェクトプロパティにしっかりと記載されているので、面倒な計算は不要なんです。

作図したポリラインを選択してプロパティを確認してみると…

ポリライン内の面積が出ている

このようにきちんと面積が表示されているのが確認出来ます。
今回の例では手動での計算は別に手間ではありませんでした、というか、面積がちゃんと合っているかを確認する意味もあったので、計算可能な形状をサンプルにしたのですが…

これが計算の難しい斜め線などが混ざっていても、さすがにオートキャド(AutoCAD)は優秀なので問題なく面積が表示されます。
計算が難しくなればなるほど、CADの威力が高まるという事で、この面積算出はポリラインを使う大きなメリットの一つになっています。

関連記事

  1. 雲マーク機能の紹介
  2. ハッチングの処理には時間がかかる場合も…
  3. キーボードから入力
  4. 自分に足りないものは教わる
  5. 塗り潰しのイメージ
  6. ワイパーも意味合いは同じ