オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

楕円(ELLIPSE)

今回紹介するAutoCAD(オートキャド)の機能は「楕円」になります。

あまり馴染みのない図形だとは思いますが、よく見かけるもので言えば「タマゴ」に似た形状の図形ですね。

楕円のイメージ

円や円弧と比べて考えると、そこまで頻繁に使う機能ではないので、紹介するかどうか少しだけ迷ってしまいましたが…
楕円でなければ表現出来ない曲線もあるので取り上げることにします。

楕円機能がリボンのどのあたりにあるのかを調べていくと、やはり円と円弧の近くにボタンが用意されていました。
ただ、使用頻度を考慮してなのか、少し小さめのボタンになっています。

楕円コマンドの場所

これも円や円弧と同じように、いくつかの方法で楕円の作成が出来るようになっています。
どの方法で楕円を作図していくのが良いかを考えていくと、やはり中心点と軸の二点を指定するやり方がしっくりくるのではないかと思います。

好みもあるとは思いますが、円や楕円を作図する際には、中心点をまず指定した方が分かりやすくて作図がスムーズな気がします。
と言うことで、実際に楕円機能を使うためにボタンをクリックしてみると、以下のような表示が出てきて楕円の中心点を指定する状態になります。

楕円の中心点を指定

ここで任意の点を画面上からクリックするか、もしくは座標入力をするか、というあたりの話は円を作図する場合と全く同じです。
今回は水平に引いた線の端点をオブジェクトスナップで選択して、この点を楕円の中心点にしておくことにしましょう。

線分の端点を楕円の中心に

この段階で、円であれば半径をキーボードから直接入力していく事になりますが、楕円になると話が少しだけ複雑になってきます。
楕円は円がゆがんでいるので、どの程度ゆがませるのかという事で、軸の寸法として二つ、画面上から指定するか、もしくはキーボードから入力する必要があります。

ここでは直交モードをONにして、水平にカーソルを固定しておき、キーボードから「150」と入力することにしましょう。

楕円のひとつめの半径を入力

X方向とY方向の座標を入力しなくても、カーソルが向いている方向に単純な移動距離を指定する事が出来るという機能がAutoCAD(オートキャド)にはあります。
その機能と直交モードを併用する事で、X方向に150という数値入力が簡単に出来るので、その機能を試す意味もあってこうしたやり方をしてみました。

楕円のふたつめの半径入力

そうすると上記のような感じになるので、今度は垂直方向にカーソルを固定しておき、キーボードから「100」と入力すると…

楕円の作図完了

こんな感じの楕円が作成されました。
軸を二点指定するというのは、その二つの数値によって楕円の縦横比が決まってくると言うことで、これこそが楕円の大きな特徴だと言えるでしょう。
試しに寸法を記入してみると、こんな数値になっていて、入力した数値ときちんと合っていることが分かると思います。

楕円に寸法を記入してみる

こうしてある程度正確な数値で楕円を作図する事が出来ましたが、問題は図面の中でこうした楕円をそこまで使わないのでは、という部分です。
確かに円と比較してしまうと、そこまで頻繁に楕円機能を使う訳ではない、というような事が実際に使っていく中で分かってきます。

とは言っても、例えば丸いパイプ状のものを斜めに切断した場合などで、こうした楕円を使った表現というのは出てくる事になります。
例えば先ほど作図した楕円を使って表現をしてみると、こんなイメージです。

楕円を使った図形の例

ちょっとこれは…
どんな種類の図面を作図するのかにもよりますが、こうした図形を作図する機会はあんまりないかも知れません。

使い道は少し悩ましいところもありますが、基本的な作図機能として覚えておいた方が良いので、機能の流れをまずは押さえておきましょう。

関連記事

  1. グラデーションのイメージ
  2. 上には上がいる…
  3. 残酷な程に差が付いてしまう
  4. 作図系機能
  5. 仕事で使えるの定義は難しい…
  6. 長方形の作図