オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ハッチング(HATCH)-2

前回はハッチングの操作手順を紹介しましたが、全部の説明が完了していないので、今回も引き続きハッチング操作の手順について説明していきます。

□ハッチングパターンの設定(画層や角度や尺度、透過性など)

前回の説明ではハッチングパターンを「ANSI37」に決定した訳ですが、次はそのパターンをどのような設定にするかを決めていく必要があります。
どのような設定とは具体的にどんな項目があるかというと…

・色をどうするか

・画層をどうするか

・角度はそのままで良いか

・パターンの細かさはどの程度にするか

細かく挙げていくともう少したくさんあるのですが、図面を作図していく中で現実的に考えていくと、上記のような項目を設定しておけばOKだと思います。
ここまで覚えておけば、もう少し細かい設定が必要になった際には、その設定を追加で覚えれば良いだけの話ですから。

ハッチングのプロパティ

これらの設定をするのが上記の「プロパティ」と書かれている項目で、左上の項目から順番に設定の概要を挙げていくと以下のようになります。

・ハッチングのタイプ → パターン

・ハッチングの色 → 現在を使用

・ハッチングの背景色 → なし

・ハッチングの透過性 → 0

・ハッチングの角度 → 0

・ハッチングの尺度 → 1

それぞれの項目の右側に書いてある設定が現在の設定になっていて、これを図面に合わせて適切に設定していく事が求められます。
ハッチングの画層は隠れた場所に設定があるのですが、初期設定ではハッチングを現在の画層で作成する事になっているので、特に変える必要はありません。

初期設定としては割と無難な設定になっているのですが、この初期設定から変える必要がありそうなのがハッチングの尺度になります。
それ以外は初期設定でも大きな問題はないと思います。

ハッチングの尺度は線と線の間隔を決める項目になるので、図面の縮尺によってどの程度の細かさが良いかは変わってくるはず。
それは色々入力しながら調整していくしかありません。

参考までに書いておくと、縮尺1/50の図面であれば「ANSI37」のハッチング尺度は1では細かすぎて、50程度に設定すると良い感じになります。
45°の斜め線を水平垂直にしたい場合は、ハッチングの角度を45に設定すればOK。
サンプルとして作成してみましたが、尺度10で角度が0と45のハッチングをした状態がこちら。

ハッチング角度の違い

上図はとりあえず縮尺1/10程度で考えている図面なので、ハッチングの尺度が10でちょうど良い感じになっています。

□ハッチング範囲の指定

ハッチングについて色々な設定を決めた段階で、最後に「どんな範囲にハッチングをかけていくか」を画面上から指定していきます。

ハッチング範囲の設定

範囲指定の考え方は「閉じた範囲内の点を指定する」もしくは「境界となる要素を選択していく」のどちらかになります。
今回の場合はあらかじめ四角形が作成してあるので、四角形の内側をクリックするか、四角形自体を選択するかのどちらかです。

簡単なのは内側の点をクリックするやり方で、AutoCAD(オートキャド)側で自動的に境界線を拾って範囲を設定してくれます。
例えば四角形の中に絡んでくる線があった場合、四角形の内側として選択した側で、以下のような範囲が自動的に選択されて、これは結構重宝します。

内側の点を選択するやり方

作成された要素を選択するよりも、内側の点をクリックしていく方がより直感的な操作になるので、当サイトでは点をクリックをお勧めします。
ただ、完全に閉じていない点を指定したり、膨大な線が交差しているような複雑な図面でうかつに点をクリックすると、時間がかかってしまう恐れがあります。

ハッチングの処理には時間がかかる場合も…

時間がかかってしまうだけであれば待つしかないのですが、最悪の場合はAutoCAD(オートキャド)がエラーで強制終了してしまう可能性もあります。
印刷とハッチングはエラーが出やすい操作でもあるので、ハッチングをする際には事前にデータを保存しておく事をお勧めします。

関連記事

  1. 塗り潰しのイメージ
  2. 残酷な程に差が付いてしまう
  3. 昔のやり方=クラシックなのか…
  4. 仕事で使えるの定義は難しい…
  5. ワイパーも意味合いは同じ
  6. グラデーションのイメージ