オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ハッチング(HATCH)-1

今回紹介するオートキャド(AutoCAD)の機能は、指定した範囲を任意のパターンで塗りつぶしていく「ハッチング」という機能です。
図面を構成する要素として、ハッチングは絶対になくてはならない機能になるはずなので、出来ればこの機能をスムーズに使いこなしたいところです。

この機能を使いこなす事によって、オートキャド(AutoCAD)で作図する図面の表現巾が広がり、なおかつ作図が楽にもなります。
ちょっと面倒な雰囲気もありますが、基本的な動きをしっかりと押さえておけば大きな問題はないので、ここで概要と手順を覚えてしまいましょう。

まずはハッチングとは何か、という話から。

ハッチングというのはオートキャド(AutoCAD)上で指定した範囲を、色々と用意されたパターンで塗りつぶしていく機能の事です。

塗り潰しのイメージ
パターンは色々と用意されていて、なおかつパターンのピッチも設定する事が出来るので、表現のバリエーションは無限、とまでは言いませんが結構多いです。

ハッチングパターンは色々

パターンとしては上記のような種類があらかじめ用意されています。
「こんなハッチングパターン使わない…」と思うようなパターンも中にはありますが、この中から適切なパターンを選択していけば、図面としては大きな問題は出ないと思います。

具体的なハッチングの手順ですが、とりあえずサンプル図面として以下の四角形を用意して、その内側にハッチングを記入していくことにしてみます。

塗り潰し用の四角形を

まずここでお知らせしておきたいのが、ハッチング機能はリボンとクラシックで結構操作感が違っているという事。
どちらが便利かというと、当サイトではリボンでの操作が便利だと考えていますが、その違いも含めて今回はどちらのやり方も説明していくことにします。

リボンでのハッチングメニュー

まずはリボンからですが、上記のハッチングボタンをクリックすると、リボンのメニューがハッチング用に切り替わります。
この中で色々設定を調整しながらハッチングを作成していく事になります。

ハッチングメニューに切り替わる

簡単な手順をここで説明しておくと、以下のような流れでハッチング作成は進んでいく事になり、それぞれの項目ごとにメニューが分かれているという構成になっています。

・ハッチングパターンの選択

・ハッチングパターンの設定(画層や角度や尺度、透過性など)

・ハッチング範囲の指定

・完了

それぞれの手順や考え方について、これから項目ごとに説明をしていきます。

□ハッチングパターンの選択

まずはハッチングパターンをどのような感じにするかを決めます。
最初に「どんな範囲にハッチングをかけていくか」を設定していき、その次にパターンを選択して…という手順が正解な気もします。

しかし実際にやってみると、ハッチングの範囲を指定した瞬間にハッチングが作成されてしまうことが分かります。
作図をしていく事を考えると反応が早い方が良い事は間違いないので、まずはパターンから選択していく手順で覚えてしまいましょう。

ハッチングパターンの選択

ハッチングパターンの選択は、ちょっとそのままで説明するまでもない感じになっていますが「パターン」という項目から選択していきます。
もちろんパターンはこの四種類しかない訳ではなく、右側にある▼をクリックすると色々と切り替わっていくし、その下のボタンをクリックすればもっと大きな範囲で選択が出来ます。

ハッチングパターンは色々ある

色々なパターンが用意されていますが、なぜか初期設定では全く使いそうにない「ANGLE」と呼ばれるパターンが設定されています。
これは恐らくアルファベット順に並べて一番先頭にあるパターン名なだけなので、もっと現実的なパターンを選定していきましょう。

今回は斜めラインのクロス線パターンを選択することにして「ANSI37」というパターンを選択することにします。

ANSI37パターンを選択

このパターンをどんな設定にしていくのか、というあたりは次回に続きます。

関連記事

  1. CADより手描きが優れている場合も多い
  2. 図面内に表現される文字
  3. 自分に足りないものは教わる
  4. グラデーションのイメージ
  5. 昔のやり方=クラシックなのか…
  6. 長方形の作図