オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

雲マーク(REVCLOUD)

前回は長方形を作図する機能の概要と手順を紹介しました。
ポリゴン機能を使って四角形を作図するよりも、対角二点を選択して四角形を作成する長方形機能を使った方が分かりやすくて手順も簡単。
…という場合は結構あるので、使用頻度としては長方形の方が多くなるかも知れません。

このあたりの判断はケースバイケースになるので、まずは作図者としては操作の選択肢というか引き出しを少しでも多くしておく事が求められます。
色々な操作方法を知っておかないと、結局はその時に選択出来る操作はひとつしかない、というような事になってしまいますから。

このあたりの話は作業量をこなしていく中で嫌でも身につくものですから、あまり覚える段階で気にするような話でもありませんが…
今回はAutoCAD(オートキャド)が持っている少し変わった機能として、雲マークを作成する機能を紹介していきたいと思います。

雲マーク機能の紹介

そもそも「雲マークとは何?」という話からスタートという方も結構いるかも知れませんので、ここではまず雲マークの概要から少し説明をしていきます。
雲マークとは、読んだまま・見たままのイメージになりますが、円弧を連続させて作成する雲形のような図形の事を指します。

雲マークのイメージ

こんな感じの図形を雲マークと呼びます。
図面の中で雲マークを使う機会がどのようなタイミングであるのかというと、図面内で部分的に何かを目立たせたい時などで利用します。

例えば「図面内でここが変わりました」とか「ここはまだ決まっていないので注意してください」などのメッセージを相手に伝えたい場合があります。
そうした際に、ある程度視覚的に分かりやすく、なおかつその範囲も分かりやすくなる雲マークを使うという選択肢がある訳です。

図面の種類によっては結構使う事になる機能なので、ここで大まかな雲マーク作成の流れを掴んでおくことにしましょう。
雲マークのボタンは線分やポリラインと同様の位置にあって、使用頻度は少なめだと思われているのか、隠れた位置にまずはボタンが用意されています。

雲マークコマンドの場所

ボタンをクリックしてコマンドを開始すると、以下のような画面が表示されて、雲マークの始点を画面上から指定する状態になります。

雲マークコマンドを開始した状態

ここで座標入力でも良いのですが、雲マーク自体は正確さを求められる状況で使われる事がないので、特に問題なければそのままで大丈夫です。
ここで注意しておきたいのは、雲マーク作図機能はここから一休み出来ないという点。

雲マーク機能は最初に開始点を指定した後で、マウスをどう動かしていくのか、という部分が非常に重要になってきます。
もう少し具体的に言うと、マウスを動かしていく軌跡にあわせて雲マークが形成される事になるという感じで、下図のようなイメージになります。

雲マークの作図途中はこんな感じ

そのまま雲マークの開始点まで滑らかにカーソルを移動させていくと、自動的に雲マークが閉じるので、これで雲マーク作成完了です。

雲マーク作図完了

慣れるまではあまり良い形の雲マークが出来ないとは思いますが、何度も繰り返し作図していくうちに、自然と慣れて良い感じに作図出来るようになります。
ちなみにこうして作成された雲マークはポリラインの属性を持っています。
恐らく連続した要素をひとつの要素として認識するには、ポリラインとして作成するしかないのだと思いますが…

雲マークを太くした状態

そうなると、上図のように太さを持たせることも出来るので、図面としてはより目立たせやすくなって良いかも知れません。
面積を計測する事も出来ますが、さすがにこのような形状の範囲面積が分かっても全然意味がないので、この機能は使えません。

次回はもう少しだけ雲マークについての話を続けて、雲の大きさを設定する方法と、その大きさを切り替える考え方を紹介します。

関連記事

  1. グラデーションのイメージ
  2. 作図機能の色々
  3. ハッチングの処理には時間がかかる場合も…
  4. 自分に足りないものは教わる
  5. CADより手描きが優れている場合も多い
  6. 作図系機能