オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

意味のある線を引く為に

前回はAutoCAD(オートキャド)の最も基本的な機能として、シンプルに線を引く線分機能の概要と手順を紹介しました。
手順の通りに作図をしていくことによって、まずは簡単に線を引く事が出来るようになったのではないかと思います。

線分で折れ線を作図

ただし、これも前回話をしましたが、図面を作図していく中でこうした任意の線を自由に引く機会はほとんどありません。
そういった意味で考えると、前回紹介した線分機能の使い方でAutoCAD(オートキャド)を操作することは出来ますが、図面を作図するには不足という事になります。

もちろんコマンドを実行するやり方などを覚える事が出来るので、これまで説明してきた内容が無駄という事ではありません。
そうではなくて、図面を作図していく為にはもう少し別の機能と組み合わせて使っていく必要がある、という話です。

もう少し具体的な話をすると、図面というのは(種類にもよりますが…)基本的に水平垂直の線で構成される場合がほとんどです。
前回引いた適当な線を使う機会がないのは、そうした理由があるからです。

また、明確な寸法が決まっている場合がほとんどなので、図面上では数値を指定した線を引く必要がどうしてもあるんです。
さらには、これはCADの設定的な話になってしまいますが、線と線がきちんとデータ的につながっている必要もあります。

というような事を考慮すると、図面として意味のある線を引くためには、以下の機能を組み合わせていく事が求められると言うことが分かります。

・直交モード

・座標入力

・オブジェクトスナップ

これらの機能を組み合わせて正確な線分を引く事が出来て、そこでようやく線分機能が使えるようになったという感じになると思います。
これらの機能をどのように使うかという具体的な話についてここでは説明しませんので、上記のリンク先で読んで頂ければと思います。

ちょっと上から目線に感じたとしたら申し訳ありません。

どこまで知っている、もしくは出来る状態をもって「AutoCAD(オートキャド)が使えます」と言うのか、というのは難しいですよね。
これは本当に難しい。

仕事で使えるの定義は難しい…

実際にAutoCAD(オートキャド)を使った仕事をしていて、例えば仕事がたくさんあるので新しく求人をかける場合などがありますよね。
そうして求人をかけて新しく入ってきた方と一緒に仕事をしてみると、このあたりの感覚に結構温度差がある場合が多かったので、ちょっと敏感になっているのかも知れません。

「AutoCAD(オートキャド)は問題なく使えます」という方に図面を頼んだ時に、まさかオブジェクトスナップを知らなかったのか…という事もありました。
もうかなり昔の話になりますけど、直交モードを知らないで作図した方もいました。

図面を見ると一本の線があるだけなのに、データ的には五本くらいの線が重なっていたり、線がぶつ切りになっていたりとかもありました。
もちろん新しく入ってきた方にお任せで作図を依頼した私に問題がある訳ですが…

今はこうした荒っぽい仕事のやり方はしていないので、今回挙げたようなビックリ状態はほとんどなくなりました。
ただ、このあたりの話はやっぱり線分「LINE」機能を知っているだけでは対応が難しいものなのか、という事が過去には色々ありました。

もちろん仕事でこうした一度失敗すればそれでもう覚えてしまうので、それほど致命的な話ではないのですが…
根本的にAutoCAD(オートキャド)のスキルを疑われてしまう事もあるので注意が必要です。

と、少し愚痴っぽい昔話になってしまいました。
これからAutoCAD(オートキャド)を覚える方には、機能だけを覚えるのではなく、その機能を使って図面を作図する事をイメージして頂けると嬉しいです。
恐らくそうして覚えた方が、仕事でより役に立つはずですから。

関連記事

  1. ハッチングの処理には時間がかかる場合も…
  2. 自分に足りないものは教わる
  3. 作図系機能
  4. 円弧の作図
  5. グラデーションのイメージ
  6. 長方形の作図