オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

経験の積み方を意識する

オートキャド(AutoCAD)のスキルを高めていくには、自分のやり方を少しずつ改善していき、出来るだけ無駄をなくす事を意識していく必要があります。
これはかなり当たり前の話ではありますが、実際にその考え方を徹底している方は思ったよりも少ないので、実行出来ればそこには大きなメリットがある。

前回はそんな話を紹介しました。
そんな当たり前の事を書いて…と思っている方も間違いなくいるはずで、そうした方にはこのカテゴリの内容は恐らく退屈だと思います。

でも、実際にオートキャド(AutoCAD)を使った仕事をしていると、そこまで意識していないんだな…と感じる方も結構多いです。
これは私の偏見である可能性もあるので何とも言えませんが、そこまで意識して仕事をしている方というのは意外に少ないと感じます。

これはある程度オートキャド(AutoCAD)の操作を覚えた方に多いのですが、もう自分の操作方法に満足していてこれ以上は変えようとしないんですよね。
もちろん仕事で充分オートキャド(AutoCAD)を使えているので、そのやり方が全然ダメという訳ではありませんが…

経験を積んでスキルアップ

それでも上には上がいる訳で、その差を詰める為に何かやり方を変えたりした方が良いんじゃないか、とかついと思ってしまうんですよね。
ちょっと真面目すぎるのかも知れません。

とは言っても、同じ期間仕事をするのであれば、その期間を出来るだけ有効に使った方が良いというか、得なんじゃないかと思います。
例えば1年の期間、どのような仕事のやり方や経験をしたとしても、それは全く同じ「1年の経験」になる訳ですから。

それならば出来るだけ「濃い経験」をした方が、オートキャド(AutoCAD)のプロとしては良いのではないか、という考え方ですね。
まあ「濃い経験」という言葉自体が漠然としているので、何をすれば良いの? という疑問もあるとは思いますが…

その為に当サイトで今まで書いてきた内容が少しは役に立つはずです。

当サイトでは細かすぎるかも知れない話などを含め、オートキャド(AutoCAD)に関する色々な「こうした方が便利だと思う」という話をしています。
もちろんその全てを実行する必要はありません。

私のやり方がベストとは言えない以上、私と全く同じやり方をする事が正解とはどうしても言えないんですよね。
そうではなく、自分のやり方に合いそうなやり方を少し試してみて、感触が良ければそれを自分のやり方にする、という感じのやり方が丁度良いと思います。

当サイトで考えている「無駄を省く」というのは、簡単に表現してしまうと結局は以下のような主旨になっています。

・よく使う操作は出来るだけ簡単に実行出来るようにする

・毎回同じ操作をする場合はそれをなくせないかを考える

・なくせない場合はそれを出来るだけシンプルに実行する方法を考える

・必要のない操作やマウスの動きはなくす方向で考える

同じような事を書いている感じもしますけど…

普段実行する操作をなるべく素早く実行出来るようにして、毎回同じような操作が必要になる場合はそれをなくしたりCADにやってもらう事を考えていく。
そうして少しずつ無駄な操作をなくしていく事で、結果としてオートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く事が早くなっていく。

そんな事を目指しています。
オートキャド(AutoCAD)の操作が早くなる事も重要ではありますけど、その結果として図面を描く時間が短くなる。
これが当サイトで色々説明している事の最終的な目標です。

いくら操作が早くても的確な判断がなければ結局は無駄な操作になってしまいます。
それでは図面を早く作図することなど出来ないので、手の早さだけではなく、色々な操作の選択肢を持つ事も重要になってくるんです。

関連記事

  1. 図面チェックの重要性
  2. AutoCADのカスタマイズ
  3. プロの定義について考える
  4. 図面には正確さが求められる
  5. 人と違うことが良いわけでもない
  6. 仕事に費やす時間は膨大な量に