オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

結局は積み重ねしかない

オートキャド(AutoCAD)のプロとして、出来るだけ仕事を効率良くこなしていき、その結果として会社に利益をもたらす存在になる。
そうすることによって、自分のプロとしての評価、つまり給料という目に見える評価を高めていく事を意識していくと、スキルアップにも熱が入るはずです。

自分が何のために仕事をしているのか。
これは人によって様々な動機付けがあると思います。
しかしやはり一般的には、それによって生活をしていく事が働く動機付けのひとつになっている場合が多いのではないでしょうか。

そうであれば、プロとして出来るだけ効率の良い仕事を目指すのが正解ではないかと思います。
ただ、オートキャド(AutoCAD)を使った仕事で出来るだけ無駄をなくして効率良く、という考え方が正解だったとしても、それを実行するのは結構難しいものがあります。

もしそうした効率の良い仕事を実現するのが簡単であれば、恐らくそこにはそれ程大きな価値はないはずですよね。
だって誰にでも簡単に出来ることなんですから。

しかし実際はそんなに簡単ではない。

むしろそれが難しいからこそ、そこには大きな価値がある、という事になるのだと思います。
オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いていく中で、無駄な事をなくしていくというのはそんなに簡単な事ではありません。

無駄な作業というか無駄な動きをなくしていくためには、まず標準と思われるやり方を一度は覚えてしまう必要があります。
普通のやり方を知らないまま「やり方を改善する」と言っても何を変えていけば良いのか、形も決まっていない状態からは変えようがないですから。

効率化のためには、まず一度標準的なやり方を自分のものにして、そこから自分にあったやり方に少しずつ改善をしていく。
そんなやり方が長い目で見れば良いのではないかと思います。

そうして標準的なやり方を覚えたあとは、仕事で実際にオートキャド(AutoCAD)を使いながら「もっと良いやり方はないか」という事を意識して仕事をしていく。
自分のやり方にはまだ改善の余地があって、まだまだ効率良く早くなる。
そういった考え方で少しずつ自分のやり方を磨いていく事をお勧めします。

こうして自分のやり方を磨いていくにはどうしてもある程度の期間が必要になるでしょう。
昨日よりも今日の方がひとつ新しい機能を知っているとか、ひとつやり方を改善したとか、そうした状態はオートキャド(AutoCAD)を覚えた直後くらいしかありません。

あとはもう定期的に自分のやり方を見直していき、地道に少しずつ操作の無駄をなくしていく。

改善の積み重ねで差を付けていく

こうした積み重ねはかなり地味な作業になりますけど、それを例えば半年継続した場合には、半年後には大きな差が付いているものです。
地道すぎて誰もがやるような事ではないので、それをやる方には大きなメリットがある、という結構当たり前の話ですね。

当たり前の話だけど結構やっている人は少ない、というのはどこにでもある話です。
例えば毎朝いつもより1時間早く起きて、その時間を仕事に関する勉強の時間に充てると、間違いなく半年もすれば大きく成長しているはずです。

それが直接仕事の成果に影響を与えるにはもう少し時間が必要になるかも知れませんが、それでも勉強した内容が本人の為になる事は間違いありません。
でもそんな事をしている人はほとんどいない。

こうした「実行すれば有効だけどやる人は決して多くはない」ということは結構あって、オートキャド(AutoCAD)の操作を効率化する事もそのひとつではないかと思います。
だからこそ、それを当たり前のように実行する習慣をつける事を当サイトではおすすめします。

関連記事

  1. AutoCADを使いこなす為に
  2. 経験を積んでスキルアップ
  3. 作図が遅いメリットはあるか
  4. 仕事に費やす時間は膨大な量に
  5. スキルアップの為に
  6. カスタマイズのデメリット