オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法の記入で経験が分かる?

前回はオートキャド(AutoCAD)で図面を描いていく際に、寸法の記載がかなり重要なウエイトを占めている、というような話を取り上げました。
図面にとって寸法という要素はなくてはならないもので、だからこそその記入が重要になってくるというのはごく自然な事だと思います。

寸法の描き方を見れば作図する人の実力が分かる。

というような言葉も前回は紹介しました。
こうした言葉は少し乱暴な気もしますが、確かに実際オートキャド(AutoCAD)を使って仕事をしていく中で実感する事でもあるんです。

オートキャド(AutoCAD)で図面を描いていく中で、どこに寸法を記載していけば良いのかで悩むシーンは結構多いですし。
経験を積んでも悩む場合がある訳ですから、あまり経験がない場合にはもっと寸法の記入に悩む事になるのは仕方がない事だと思います。

しかし逆に考えれば、必要な寸法をきちんと記載する事が出来れば、ある程度図面としては評価されることになる、とも言える訳です。
これは少しばかり強引な理論だとは思いますが…

もちろんそれが難しいからこそ、出来た場合には評価されるという話ではあります。
しかしその一方で、寸法の記入というのは確かに経験が重要になってくる要素ではありますが、言い換えると「慣れ」だとも言えるはず。

スキルの差

そこには特別なスキルが必要になる訳ではなくて、必要最低限の知識とオートキャド(AutoCAD)のスキルがあれば出来ることなんです。
なので、このサイトを読んでいるくらい勉強熱心な方であれば、恐らくそれ程長い時間を必要とせずに覚えていけるのではないかと思っています。

かなり理屈っぽい話を続けてしまったのは、それだけ寸法が重要な要素だからですが…
ちょっと話が長くなりすぎてしまったので、ここでざっとまとめてから具体的なオートキャド(AutoCAD)の操作についての話に進んでいく事にしましょう。

・図面な作図する対象を線などの図形と文字で表現していくツール

・そうした役割を持つ図面にとって寸法は重要な要素になっている

・図面中にどのような寸法を記入するのかで図面に質が大きく変わる

・だからこそ寸法記入には経験が必要

・しかし実際はある程度の知識と慣れがあれば充分勝負になる

という感じになるかと思います。
実際には図面のジャンルによって必要な寸法というのは違ってくるので、オートキャド(AutoCAD)の知識だけでは足りないところもあります。
そうした図面の知識は個別に覚えていくしかありません。

しかし図面を描くツールであるオートキャド(AutoCAD)の操作としては、どの図面を描く場合でもほとんど同じです。
なので、オートキャド(AutoCAD)の操作を覚える段階で、CAD的に寸法をどのように記入していくのかを覚えた方が良いんです。

CADで作図した図面とは言っても、作図する人によって癖というか、その人のカラーが結構出てくるもの。
そしてそうした癖は経験を積んでいくに従って少しずつ固まっていくもので、今まで培ってきたやり方を大きく変えるのは結構難しいものがあります。

これは私を含めてベテランの方が持っている欠点ではないかと思います。

だからこそ、オートキャド(AutoCAD)を覚える段階で、美しく寸法を記入するような癖を付けておく。
これが出来れば作図する図面の質が安定して高くなるので、作図する方にも価値が出てくるような方向になっていきやすい訳です。

どうせプロとして仕事で図面を描くのであれば、図面を使う側から評価された方が良いに決まっていますから。
…という事を踏まえつつ、次回からはオートキャド(AutoCAD)の具体的な寸法機能について紹介していこうと思います。

関連記事

  1. 寸法線と寸法補助線の色
  2. 寸法文字記入の注意点
  3. 寸法の尺度設定
  4. 見た目の統一感
  5. 寸法のフィット設定
  6. 直列寸法記入