• 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法スタイル管理(基本単位)-4

オートキャド(AutoCAD)の寸法は実際の距離を自動で表示してくれますが、その数値を自動的に一定の尺度に変換して表現する場合もある。
前回はそんな「計測尺度」の設定と考え方について紹介しました。

図面の単位は基本的にミリメートルなのに、場合によってメートルで表現するのはなぜか、という疑問があるかも知れません。
図面として表現する単位は統一しておいた方が見やすいのではないか、という疑問ですね。

もちろん図面内で表現される寸法値は全て同じ単位である事が基本になっていて、そうした方が図面として見やすいというのも事実です。
でも場合によっては、あえて「メートル」の表現をした方が分かりやすい場合もあるのですが、それはなぜかというと…

あまり図面を見る機会が多くない方の場合、ミリメートルで距離を表現されてもあまりピンと来ない場合が多いから、という理由があります。
特にある程度の距離がある部分では、ミリメートルで距離を表現するよりもメートルで距離を表現した方が分かりやすい場合があるんです。

メートルではないのでちょっと例としては適切ではありませんが、自分の身長を表現する場合に最も分かりやすい単位は「センチメートル」ではないかと思います。
「私の身長は1650です」とはあまり言わず、「私の身長は165センチです」という表現の方がしっくりくるはず。

ちょっと粗っぽい例を出してしまいましたが、全てをミリメートルで表現するやり方が必ずしも分かりやすい訳ではない、という話でした。
同じような意味合いで「出入り口の巾は1.2メートルです」という表現をした方が分かりやすい場面は結構あるので、そうした場合には前回取り上げた計測尺度設定を使う事になります。

この計測尺度設定をよく見ると、もう一つの設定が残されている事が分かります。

レイアウト寸法記入のみに適用設定

それが上記にある「レイアウト寸法記入のみに適用」という項目で、前回はそこまで取り上げる事が出来ませんでした。
なので今回はその設定がどのような意味を持っているのかを考えてみる事にします。

・レイアウト寸法記入のみに適用

この設定はもう読んだままの意味ではありますが、設定した計測尺度をレイアウト空間だけに適用するかどうかを指定する事が出来ます。
もう少し詳しく説明すると、モデル空間とレイアウト空間のどちらにも計測尺度を適用するかどうか、という事になります。

オートキャド(AutoCAD)にはモデル空間とレイアウト空間という考え方があって、基本的にはモデル空間で図面を作図していく事になります。
しかし図面枠などを配置して図面としてまとめていく際には、レイアウト空間を利用した方が便利である場合が多いです。

色々なやり方がありますが、基本的にレイアウト空間は1/1の尺度で作図していく方が便利なのですが、その場合は通常の寸法値が正しくない状況になってしまいます。
そうした場合にはこの「レイアウト寸法記入のみに適用」にチェックを入れる事で、レイアウト空間でも正確な寸法を記入する事が出来るようになる。

考え方としてはこのような設定で、実際にオートキャド(AutoCAD)を使ってみると便利な機能だと分かるのですが…
レイアウト空間について説明が出来ていない現状ではちょっと分かりにくいかも知れないので、この項目はレイアウト空間について説明をした際にもう少し補足していく事にします。

計測尺度が初期設定の「1」である場合には、今回取り上げた「レイアウト寸法記入のみに適用」の設定は特に気にしなくても大丈夫です。
特に困らない限りはこの項目にチェックは入れない状態で良いと思います。

関連記事

  1. 図面内の寸法
  2. 寸法文字記入の注意点
  3. 寸法の尺度設定
  4. 直径寸法記入
  5. 寸法値の設定色々
  6. 寸法の単位設定