• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

「プロ」について考えてみる

オートキャド(AutoCAD)の機能を全部覚える事が目的ではなく、それを使って効率良く図面を描く事が目的。
そうした努力の方向性を見失わないようにしながら、継続して少しずつスキルを高めていくことがプロには求められる。

そんな話を前回は考えてみました。
ちょっと、というかかなり鬱陶しい話ではありますけど、スキルを高めていく為にはどうしても必要な考え方なので、ちょっと長めの話になってしまいました。
こんな説教みたいな話は仕事ではなかなか出来ませんね…

前回はそうした説明の中で、「オートキャド(AutoCAD)のプロ」というキーワードが結構頻繁に出てきたと思います。
この「プロ」という言葉は、当サイトでよく出てくるキーワードで、サイトのタイトルにもなっているキーワードでもあります。

今回はその言葉にフォーカスして、AutoCAD(オートキャド)のプロとそうでない方の違いについて考えてみたいと思います。
まずは「プロ」の反対に位置する言葉を調べてみると「アマチュア」とか「ノンプロ」という言葉が出てきます。

プロの定義について考える

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描くアマチュア、という言葉はどうにもしっくりこない感じがあって、違和感を感じてしまいます。
要するに趣味で図面を描いているというニュアンスになるかと思いますが、実際にそんな方は滅多にいないはず。

なので、今回は「オートキャド(AutoCAD)のプロ」と「そうでない方」という表現で区分をしています。
仕事でオートキャド(AutoCAD)を使っているけれど、そこまでの水準に達していないというイメージで読んで頂ければと思います。

一般的な「プロ」の定義を調べてみると、職業的という事で、それを本職としているか、つまりそれで生計を立てているかによって区分されるようです。
そういった区分で考えると、AutoCAD(オートキャド)を使って仕事をしている方であれば、基本的には全て「プロ」という分類が出来ることに。

もう少しプロについて考えてみると…
オリンピックに出場するくらいのアスリートであれば、もうその競技に没頭しているはずなので「プロ」ではないかと思ってしまいます。
しかしそうしたアスリートを「プロ」と呼ぶことはしないんですよね。

スポーツでプロと呼ばれるのは、プロ野球選手やプロテニスプレイヤーなど、スポーツによって契約金や賞金などを得る方に限られる。
これも少し変な話ですよね。

そうしたプロスポーツ選手とオリンピックに出場するようなアスリートの違いがどこにあるのかを考えてみると、やはり試合などにお金を支払って見に行くかどうかの違いなのでしょうか。
そのあたりを細かく考えると、オートキャド(AutoCAD)を使って仕事をしている方を全て「プロ」と呼んで良いのかが少し気になってきます。

ただそれでも。
やっぱりオートキャド(AutoCAD)を使った仕事で収入を得ている以上は、職業にしている訳ですからプロと呼んだ方が良いと当サイトでは考えています。
ちょっと細かい話になってしまいましたね。

同じ「オートキャド(AutoCAD)のプロ」でも、それぞれの方が持っている知識やスキルは当然違ってきます。
でも仕事で使っているツールである以上、今持っているスキルの中で最大限に効率よく仕事を進める事が求められます。

どこまで知識があるかを求められるのではなく、今持っている知識を生かして最大限に効率良く仕事をする事が求められる。
そして、今持っている知識やスキルを常に高めていく事も求められる。

これが仕事でAutoCAD(オートキャド)を使っている「プロ」と、そうでない方の大きな違いではないかと思います。
話が長かった割に、すごく当たり前の結論になってしまいました…

関連記事

  1. 仕事する以上給料は無視できない
  2. パソコンの設定を変えて便利に使う
  3. カスタマイズのデメリット
  4. 図面チェックの重要性
  5. 経験を積んでスキルアップ
  6. 今持っている知識で仕事に立ち向かう