• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

用紙サイズを絞り込むメリット

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いていき、完成した際に印刷をする場合、そもそも選択するプリンタはそれほど多くはないはず。
しかし初期設定では、もちろんパソコンによって違ってはきますが、たくさんのプリンタが選択肢として用意されています。

たくさん選択肢がある中で、常に選択するのはせいぜい3種類。

もちろんその3種類を毎回選択して使い分けていけば良いだけなので、別に大きな問題がある訳ではありませんが…
「絶対にこのプリンタは選択しない」という感じのプリンタが数多くあるのは、あまり効率的とは言えないのではないか。

オートキャド(AutoCAD)のプロであれば、そうした細かいところまでこだわって、無駄のない操作を追求した方が良いのではないか。
というのが当サイトの意見です。

一日に何度も印刷の操作をする事になる場合、やはり少しでもやりやすい環境を整えておいた方が時間短縮になると思います。
その為に必要な準備はそれ程大変でもないし、一度設定をしてしまえばその後はずっと快適な環境で作業する事が出来ます。

そう考えると割の良い効率化設定ではないかと思います。
と言うことで、使っていないプリンタを選択肢から外してしまい、なおかつ他の選択肢も少なくする為の具体的な手順を説明します。
まずは適当なプリンタを選択してみます。

プリンタの選択

上図ではブラザー製のA4サイズプリンターを選択していますが、そのパソコンにインストールされているプリンタから選択する事になるので、ほぼ間違いなく上図とは同じにならないはず。
ここでは普段自分が使っているプリンタをひとまず選択しておきましょう。

きっとそのプリンタを選択する為には、結構たくさんあるプリンタの中からいつも使うプリンタを選択する動きをしたかと思います。
また、次に用紙サイズを選択していく際には、あまり使わなそうなサイズも含めてたくさんの選択肢がやっぱり用意されています。

たくさんの用紙サイズが選択出来る

図面を印刷する用紙はA3サイズがほとんどなので、上図で選択出来る大半の用紙サイズにはあまり用がないというのが正直なところ。
それなのに毎回こんなにたくさんの中から用紙サイズを切り替えるのは、プリンタを選択する操作と同じであまり効率が良いとは言えません。

プロパティをクリック

そこで、まずは今回選択したプリンタの設定を変える為に、上図の通り、プリンタ名の右側にある「プロパティ」というボタンをクリックして設定を変更していきます。

プロッタ環境設定エディタ

「プロパティ」ボタンをクリックすると上記のような画面がさらに表示されます。
ここで幾つかの設定をしていく訳ですが、まずはたくさん用意されている用紙サイズの選択肢を減らす設定をしていきましょう。

上部メニュー内の下あたりに「用紙サイズをフィルタ」という項目があるので、その項目を選択すると、下部メニューの内容がこのように変わります。

用紙サイズをフィルタ項目

初期設定では全ての用紙サイズにチェックが入っている状態なので、まずは「すべて選択解除」をクリックして余計な用紙サイズのチェックを外してしまいましょう。
その後で、実際に使う用紙サイズを探していき、そのサイズにだけチェックを入れておけば、ひとまず設定はOKです。

大抵の場合はプリンタであればA3サイズとA4サイズだけにチェックを入れて、プロッタであればA1サイズだけにしておくかA2も一応選択肢に入れておくか、という感じになると思います。
「用紙サイズをフィルタ」の設定が終わったら、そのままプリンタを保存しても良いのですが、せっかくプリンタの設定をしているのでもう少しだけ設定をしてみましょう。

設定が完了していない状態ですが、次回に続きます。

関連記事

  1. 印刷スタイルの新規作成
  2. 作図した図面のチェックは必須
  3. 印刷時の設定項目
  4. 印刷スタイルは周囲に合わせる
  5. CADデータである事のメリット
  6. 印刷時の設定項目