• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

カラー印刷とモノクロ印刷の切り替え

オートキャド(AutoCAD)の印刷設定画面の中には、指定したプリンタの環境設定が出来る機能が用意されています。
「プロパティ」ボタンをクリックして移動する環境設定画面では色々と細かい設定をすることが可能で、その中で前回は選択出来る用紙の種類を限定するやり方を説明しました。

図面を印刷する用紙サイズとして、例えばはがきサイズとか写真サイズのL判とか、あるいはB4サイズなどはほとんど選択する事がありません。
選択しない選択肢は元から表示されていない方が良いので、その為に用紙サイズのフィルタ項目設定が用意されています。

選択出来る用紙サイズをA3とA4に限定しただけでも充分便利になったのですが、せっかくプリンタの環境設定画面を開いているので、ここでさらにもう少しだけ設定をしてみましょう。

カスタムプロパティの選択

上部メニュー中央付近にある「カスタムプロパティ」項目をクリックすると、下部メニューに同じく「カスタムプロパティ」ボタンが表示されます。
そのボタンをクリックすると、それぞれのプリンタあるいはプロッタ独自のプロパティ画面がさらに表示されます。

プリンタ毎の設定画面

これはプリンタもしくはプロッタのメーカーや機種によってそれぞれ違っていて、上図はブラザーのプリンタプロパティ画面になっています。
家庭用A4サイズプリンターのプロパティなので私もあまり使わない画面ですが、どのメーカーであっても絶対に「カラー印刷かモノクロ印刷か」を設定する項目があるはずです。

モノクロとカラーの切り替え

標準は恐らくカラー印刷になっているはずなので、今回はあえて「モノクロ」を指定して「OK」をクリックしてみる事にします。
そうするとプリンタのプロパティ画面は終了となり、プロッタ環境設定エディタ画面に戻ります。

ここで設定した内容を確認してみると…

・用紙サイズをA3サイズとA4サイズしか選択出来ないようにフィルタ設定

・印刷の品質としてモノクロ印刷を指定

という設定をしました。
なぜモノクロ印刷の設定を用意するかというと、特に複合機ではカラー印刷をする方がお金がかかってしまうからです。

会社ではコピーとプリンタとスキャナなどがセットになっている複合機で印刷する場合が多いと思いますが、印刷した枚数に応じて会社がお金を支払う契約になっている事が多いはずです。
その際にモノクロ印刷だと1枚いくら、カラー印刷だと1枚いくら、という契約をしていて、無駄にカラーでばんばん印刷をすると結構な支払いになってしまうんです。

どうせ会社が支払うんだから良いのでは? と思う方も多いかも知れません。
でも、自分が印刷した分だけ毎月お金を払う事になったら、間違ってカラーで100枚印刷しちゃいました、みたいな事はきっと出来ないはず。
契約にもよりますけど、きっとそれだけで結構良いランチが食べられますから。

もちろん仕事でやっている訳ですから、カラー印刷が必要なシーンなのにモノクロ印刷で頑張る、という事はしない方が良いです。
しかし自分でチェックする為に印刷する場合とか、モノクロで成立している図面を印刷するような状況であれば、そこでわざわざカラー印刷をする必要はありません。

と言うことで今回はモノクロ印刷の設定にしました。
この設定にしておくと、いくら印刷スタイル設定でカラーを指定していても、強制的にモノクロで印刷をしてくれます。

間違った色設定をしててい思わぬ線がカラーになってしまう、という事は良くある話なので、そうした間違いを防ぐ意味でもモノクロ印刷の設定は結構重宝すると思います。
ちょっと話がながくなっていますが、今回設定した内容を保存する手順を次回紹介します。

関連記事

  1. パブリッシュ=連続印刷
  2. ビューポートとは何か
  3. 印刷関連機能まとめ
  4. 仕事とやりがいの関係
  5. CADデータである事のメリット
  6. ペーパー空間の考え方