• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

図面をチェックする為に印刷する

オートキャド(AutoCAD)を使って作図した図面を印刷する、という事にフォーカスしてこのカテゴリでは色々と説明をしています。
その説明をしている中で、図面を印刷するのは作図が完了してから、というようなニュアンスで話をしていますが…

実際には少し違うんですよね。
作図作業が一通り終わった後、図面印刷を一回したくらいで図面が完成する訳ではない、というあたりの話を今回はしてみたいと思います。

タイトルでも書いているので繰り返しになってしまいますが、作図が終わったかな…と思った図面はまず印刷して自分でチェックをする必要があります。
仕事を依頼してくれた相手に完成した図面を送付するのは、しっかりと自分で図面をチェックしてからの話になります。

何のために図面を印刷してチェックするのかと言うと…
これはもうプロとして当たり前の事として、作図した図面に間違いがないかを自分で最終確認するという目的があります。

作図した図面のチェックは必須

集中して作図をしているし、オートキャド(AutoCAD)の画面上でも間違っていないかを確認しているから、印刷してチェックする必要はないのでは?
実際にオートキャド(AutoCAD)を使って作図の仕事をされている方の中にも、そう思われる方も結構いるのではないかと思います。

でも画面上で確認する事と、紙に印刷して「ここはOK」という感じでチェックを入れていくのとでは、やっぱり大きな違いがあるものなんです。
本当であれば印刷しないでも正確な図面を描く事は出来る、と言いたいところなんですけど、残念ながらそこはなかなか難しいんですよね…

当サイトでは、オートキャド(AutoCAD)を使って作図をする際に、出来るだけ無駄な操作を削ることをテーマとして考えています。
そうして無駄を削った結果として、図面を完成させるまでに必要な時間を短縮していく。
つまり「作図のスピードを高める」事が目的で色々な説明をしています。

そうしたサイトのポリシーから考えていくと、完成したと思われる図面をわざわざ印刷して確認していくという余分な手間は省きたいと思ってしまいますが…
実際に仕事をしていくと、この「完成したと思った図面をまずは印刷してチェックする」という手順を外すことはどうしても出来ないんです。

理由はもうとてもシンプルで、紙でチェックしていない図面はどこかに必ずと言って良いほど間違いがあるからです。
そうした単純な間違いをなくす為には、やはり印刷した図面できちんとチェックして、その間違いを潰していく手順がどうしても必要なんです。

その手順をなくせば作図完了までの時間は確かに短縮する事が出来ます。
でも、その代わりという感じで、図面のどこかにはほぼ毎回何らかの間違いがあるとしたら…それは効率化と呼ぶにはあまりにも寂しい状態になりますよね。

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く事を仕事としている場合、完成した図面は言うまでもなく「商品」です。
その商品のクオリティというのはつまり、内容として間違いのない図面という事になるのではないかと当サイトでは考えています。

少し時間がかかるけれど間違いのない図面と、少しだけ早く出来上がるけれど間違いが多い図面と、相手にどちらが喜ばれるか。
これはもう考えるまでもない事だと思いますがいかがでしょうか。

少なくとも私ならば、多少完成が遅くても確実に間違いがない図面を描いてくれる方の方が有り難いと感じます。
もし仕事を頼む時に指名が出来るのなら、そうした確実な仕事をしてくれる方に頼みたいと考えるのは、きっと私だけではないはずです。

関連記事

  1. プリンタの選択肢を限定する
  2. PDFデータを送付すると親切
  3. 印刷スタイルの新規作成
  4. 図面を印刷する
  5. 印刷関連機能まとめ
  6. 図面は紙に印刷して使う