• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

pc3ファイルとして保存する

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面を印刷する際のプリンタ設定として、前回までの説明では以下のような設定を進めてきました。

・用紙サイズをA3サイズとA4サイズしか選択出来ないようにフィルタ設定

・印刷の品質としてモノクロ印刷を指定

こうした設定はまだ途中なので、今回はその設定を保存して活用するところまで操作を進めていきたいと思います。
プロッタ環境設定エディタ画面ではもっと色々な設定項目が用意されていますが、設定する項目はこのくらいで充分でしょう。

A1サイズを印刷する事が出来るプロッタであれば、カスタム用紙サイズとしてA1よりももっと長い「3000x594」みたいなサイズをここで設定する事も出来ますが…
そうした用紙サイズで印刷する機会は極めて希なので、今回はそこまでの設定はやらないでも良いかなと思っています。

まずは上記の設定をしている状態で、現状の画面はまだ「プロッタ環境設定エディタ」画面になっているので、この画面から元の印刷画面に戻りましょう。

通常の印刷画面に戻る

と言っても全然難しい操作は必要なくて、上記画面の下側に「OK」というボタンがあるので、そのボタンをクリックするだけ。
そうすると、印刷画面に戻る前に「プリンタ環境設定ファイルの変更」というダイアログBOXが表示されます。

ここで選択出来る選択肢は二つありますが、正直言ってちょっと分かりにくい。
最初に出てくる画面では「この印刷のみに適用する一時PC3ファイルを作成」が選択されていますが、この項目を選択するのはお勧め出来ません。
せっかく今まで設定してきた内容が「この印刷のみに適用」では困ります。

なのでここでは「変更を次のファイルに保存」を選択しましょう。
非常に長いパスになっていますが、右側までカーソルを持っていくと、上記のように「Brother MFC-695CDN Printer.pc3」というファイルが保存されようとしているのが分かります。

もちろんこれは選択したプリンタによってそれぞれ違う名前になります。
私の場合は「Brother MFC-695CDN Printer」というプリンタの設定を変えたので、そのままのプリンタ名で「pc3」という拡張子のファイルが作成されようとしています。

ここでそのまま「OK」をクリックしても良いのですが、今回はモノクロ印刷設定にした事もあるので、名前を変えておく事にしましょう。
という事で「Brother MFC-695CDN Printer.pc3」というファイル名から「MFC-695CDN(モノクロ).pc3」というファイル名にしてみました。

pc3ファイルとして設定を保存

もっとシンプルに「モノクロA3」などのファイル名にしても良かったのですが、やっぱりプリンタの機種名くらいは分かった方が良いと思います。
しかし「Brother」とか「Printer」とかは別に表示されなくても良いと思うので、シンプルに機種名とモノクロの設定である事が分かるような名前にしました。

ここで保存するファイル名が今後プリンタを指定する際に出てくる選択肢になります。

なので、どの機種で印刷をするのかと、それがカラー印刷なのかモノクロ印刷なのかを分かるようにしておく方が分かりやすいはず。
ファイル名を変えた状態で「OK」をクリックすると、ようやく印刷画面まで画面が戻ってきます。

pc3設定がプリンタとして選択される

上図を見て頂くと、今設定したファイル名がプリンタ/プロッタの名前になっているのが確認出来ると思います。
このプリンタを選択して印刷をすると、例えカラー印刷が出来る状態でも、強制的にモノクロ印刷になってくれます。

また、用紙サイズを選択しようとすると…

用紙サイズがフィルタされた状態

このようにA3かA4の二択という非常にシンプルな構成になって、無駄な選択肢が消えて良い感じです。

関連記事

  1. ビューポートの作成手順
  2. 用紙サイズを絞り込み
  3. 印刷スタイルは周囲に合わせる
  4. ビューポートの調整方法
  5. ペーパー空間の考え方
  6. CADデータである事のメリット