• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

印刷関連機能まとめ-3

今回も引き続きオートキャド(AutoCAD)の印刷関連機能についてのまとめです。
今回はモデル空間とペーパー空間、そしてビューポートについての話から。

□モデル空間とペーパー空間とビューポート

オートキャド(AutoCAD)には作図する為の「モデル空間」と、その図面をレイアウトして印刷する為の「ペーパー空間」もしくは「レイアウト空間」が用意されています。
詳しく解説していくと長くなってしまうので省略しますけど、これらの空間を上手く活用する事によって図面の分割なども手軽に出来るようになっています。

ひとつの図面ファイルにモデル空間はひとつだけ。
そしてそのモデル空間を表示する為のペーパー空間は自分で作りたいだけ作る事が出来ます。
これは作図する為のスペースという意味合いと、それを配置する為のスペースという意味合いを考えると、とても自然な事ではないかと思います。

こうしたモデル空間とペーパー空間の関係を成り立たせる存在として、ビューポートという機能もオートキャド(AutoCAD)では用意しています。
ビューポート機能を使う事によって、モデル空間で作図した内容をペーパー空間上で表示する事が出来るようになるんです。

使い方はちょっと面倒というか複雑ではありますが…
ペーパー空間で印刷する範囲とビューポートのサイズ、そして抜き出す図面の縮尺の関係はしっかりと理解しておくと後が楽なるはず。

□印刷コマンド

色々な設定が絡んではいますが、オートキャド(AutoCAD)で作図した図面を印刷するのはやはり「印刷」コマンドになります。
このコマンドを実行する事によって色々な設定を調整していき、最終的には思うような印刷結果を得るという流れが基本です。

・ページ設定名

・印刷に使用するプリンタまたはプロッタ名

・用紙サイズ

・印刷領域

・印刷の縮尺

・印刷オフセット(余白などの設定)

印刷をする際に設定出来る項目というか、設定しなければならない項目は上記の通りです。
これらの項目については細かく説明してきたので、ここで改めて同じ説明はしないでおきますが、どれも図面を印刷する為には必要な項目ばかりです。

□PDF印刷について

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面は紙に印刷して使う、という話を今までしてきましたが、少し違うやり方も今では存在します。
オートキャド(AutoCAD)の図面データである「dwg」形式は、当たり前ですがオートキャド(AutoCAD)がないと開く事が出来ません。

そうなると、オートキャド(AutoCAD)をインストールしていない相手にCADデータを送っても、全然効果がないという話になってしまいます。
なので、相手に図面を見て欲しい場合には、CADデータである「dwg」とセットで「PDF」と呼ばれる形式でデータを送付するのがお勧めです。

印刷関連機能まとめ

「PDF」というデータ形式は、無料でダウンロード出来る「Acrobat Reader」と呼ばれるソフトで開く事が出来ます。
なのでほぼ確実に図面を見てもらう事が出来ます。

無料で簡単にインストールする事が出来る「Acrobat Reader」を使い、図面の閲覧と印刷が簡単に出来るようになる。
オートキャド(AutoCAD)で作図した図面を「PDF」というデータ形式にしておくというのは、そうした大きなメリットがある事なんです。

紙で図面を保存しているとどうしても劣化してしまいますが、PDF形式で保存をしておき必要な時に印刷をすると、図面はいつでも綺麗な状態を保つ事が出来る。
これは実際の仕事でかなり使う事になると思います。

関連記事

  1. 印刷関連機能まとめ
  2. 印刷時の設定項目
  3. 完成した図面は必ずチェック
  4. 周囲と合わせる必要もある
  5. 用紙サイズのイメージ
  6. プリンタの選択肢を限定する